サイタ語学の習い事中国語教室埼玉 話そう!中国語 スクールブログ あなたの学習ス...

あなたの学習スタイルは?

みなさま、こんにちは!
「話そう!中国語」の中村です。

ブログの更新がおろそかになってしまいました。。。
「続ける」とは、中々難しいものですね。
と、私が言っては、いかん、いかん!


さて、新しい年度が始まり、1カ月が過ぎました。
GWも過ぎ、新しい環境や新しく始めた事などに慣れた頃でしょうか。
新しく外国語を始めた(始めたい)という方もいらっしゃると思います。
今日は、自分の学習スタイルについて、考えてみようというお話をしたいと思います。


みなさまは、外国語勉強する際、どのようなやり方で勉強していますか。

絵や図を書いて覚える人
身体を動かしながら勉強する人
リスニングから勉強する人
文法から勉強する人
…など

いろいろなアプローチがあると思います。
自分がどのような事に興味(長けている)があるかと外国語の学習スタイルは
たいへん関係があります。

アメリカの研究者たちがこの関係を研究し、学習スタイルを明らかにする
質問紙をつくりました。

いくつか質問紙がありますが、最もポピュラーなものでは、
学習スタイルを7つのカテゴリに分けました。

その7つとは、
1.言語的能力
2.音感やリズム・耳からの情報や音声処理能力
3.数学的・論理的能力
4.空間把握・処理能力
5.身体の動き
6.対人関係能力
7.内省

人は様々な興味や能力を持っています。
暗算が得意な人がいれば、歌を歌うのが上手な人もいます。
(私はそのどちらでもありませんが笑)

どういったことに興味(特長)があるかを把握し、そのスタイルにあった勉強を考えていこうというものです。

どれか1つだけということはなく、この7つのうち平均3〜4つぐらい当てはまる方が
多いようです。中には全部当てはまる方もいらっしゃいます。

例えば、身体を動かすことが好きでかつ音楽的な興味が有る方は、
シャドーイングや歌のものまねや身体を動かすジェスチャーゲームなどの
行動的な活動を中心に勉強をすると良いかもしれません。

注意しなければいけないことは、
この学習スタイルは絶対ではなく、その時の状況や気持ちによって変化します。
あくまで1つのケースとしてお考え下さい。
また、最終的には苦手なものを含め、すべての能力を伸ばすことをお考え下さい。
よろしくお願いいたします。

今回のお話に興味を持たれた方、
自分の学習スタイルを知りたい、見直したい方はご連絡下さい。

今回もここまで読んでいただき有難うございます。
それでは、また次回。

<参考文献>
Christison, M.A. 1996. Teaching and learning languages through multiple intelligences. TESOL Journal, Autumn 96, 10-14.

 

(2013年5月14日(火) 23:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大連に留学後、中国語の外国語教育学修士を取得。地理・歴史の教員免許も

新着記事

こんにちは、話そう!中国語の中村です。 日を追うごとに秋めいてきましたね 実は本日9月19日は、「 中秋节」です。 日本でもお馴染みの「十五夜」ですね。 さて、今年の「中秋节」は、連休となり、国慶節の前哨戦として、 どこに旅行に行くか?何をするか?などが話題になってい...

こんにちは、話そう!中国語の中村です。 空が段々高くなり、秋になってきました。 お風邪など引かれてませんでしょうか。 さて今回も、私の中国語学習に大きな影響を与えた明星(スター)を紹介していきます。 今回は、歌手にスポットをあてましょう! 題して、DJ Ganghe pr...

朝晩は暑さも一段落し、秋の虫たちが歌い始める時季になりました。 夏の余韻を残しつつ、段々と秋になっていますね。 こんにちは、話そう!中国語の中村です。 さて今回は、普段のレッスンではなかなか話せない「カルチャー」について 触れていきたいと思います。 テキストだけでは分からない...

前回から間もない更新です。 こんにちは、話そう!中国語の中村です。 前回の「私と中国語の出会い」を書いた後、 ちょっと気恥ずかしくなりながらも、 色々と中国の写真やら音楽やらを引っ張りだしました。 大連での思い出に浸ってしまいました。 (さらに恥ずかしいですが、笑) 大連...

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 こんにちは、「話そう!中国語」の中村です。 さて、先ほど「八重の桜」を見ていて、幕末から明治への転換期の日本人のパワーは凄いものだなぁと感心しながら、海外に対する興味も相当あったのだなと思いました。 今日はそんな海外に対する...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ