全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 斉冠鈞中国語講座 スクールブログ 中国語の音調

中国語の音調

中国語には音節内で、音の高さが異なる声調がある。声調が違えば異なる意味を持つ。四つの基本声調があり、拼音では主母音の上に、第一声を表す「¯」(マクロン)、第二声を表す「ˊ」(アキュート)、第三声を表す「ˇ」(ハーチェク)、第四声を表す「ˋ」(グレイヴ)の声調符号が付けられている。また声調を失い軽く弱い音となった軽声には声調符号が付けられない。

第二声を表す記号は正確には左下から右上に向かう記号であり、欧米言語で用いられるアキュートアクセント記号とは向きが違うが、Unicode および UCS の文字コードでは区別されていない。中国語字体ではアキュートを左下から右上に向かう形で表示するようになっている。

第一声「陰平(いんぴょう、いんぺい)」
符号は「¯」 (ā, ō, ē, ī, ū, ǖ)
高→高の発音(5—5)。少し高い声で歌を歌っているつもりで、高く平らに発音する。
第二声「陽平(ようひょう、ようへい)」
符号は「ˊ」 (á, ó, é, í, ú, ǘ)
中→高の発音(3—5)。日本語では意外なことを言われた際の「はぁ?」の発音に近い。中くらいの音から一気に高い音に持っていく。
第三声「上声(じょうしょう、じょうせい)」
符号は「ˇ」 (ǎ, ǒ, ě, ǐ, ǔ, ǚ)
中→低→中の発音(2—1 (-4))。日本語では「あーあ」とつぶやく時の発音に近い。ただ、日常会話で第3声が出た時は、最後の「中」の音が省略されることが多い。
第四声「去声(きょしょう、きょせい)」
符号は「ˋ」 (à, ò, è, ì, ù, ǜ)
高→低の発音(5—1)。日本語では溜め息の「はぁ」や「ふぅ」の発音に近い。高い音から一気に低い音に持っていく。
第一声のみ段位声調で、残りは曲線声調である。このように、両者を用いるものを複合声調という。普通話の場合は、さらに「軽声」といって、前の発音の勢いで軽く添えるだけの発音もある。拼音では軽声には声調符号はつけず、注音符号では「・」と表記する。注音符号では、逆に、第一声には声調の符号を付けない。

 

(2012年10月18日(木) 19:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

法政大大学院で国際政治を専攻。歴史・国際交流に興味がある方にもお薦め

斉冠鈞中国語講座
斉冠鈞 (中国語)

西日暮里・有楽町・綾瀬・町屋

ブログ記事 ページ先頭へ