サイタ語学の習い事中国語教室京都 Sunの中国語教室 スクールブログ 言葉で「愛」を...

言葉で「愛」を伝わる

中国語を教えている数年間には、一つの小説みたいのことがありました。ある20代の男の子は日本語が分からない中国人の女の子が好きになるので、私に中国語を勉強し始めました。
ただ2ヶ月という短時間には、「中国語」を勉強するより、むしろ中国事情、特に若い中国人の女の子の考えをいろいろと聞かれています。そして、彼は自分の感情を向こうに伝えたいという気持ちが強かったので、中国語を基礎から教えることではなく、彼自身の言葉を中国語に翻訳し説明するという「異常」な形でレッスンを進めていました。
私が先生としての役割をちゃんと果たしていないではないかと最初は悩みましたが、最後のレッスンで「先生に勉強することができなくても、中国語を引き続き勉強するよ。」って言ってくれました。生徒さんが楽しくレッスンを受けてもらうことは何より大事だとその場で分かりました。

 

(2012年5月24日(木) 23:54)

次の記事

この記事を書いたコーチ

京大大学院で比較文化を専攻。文法・発音の指導は特に定評あり

Sunの中国語教室
孫暁辰 (中国語)

出町柳・東山・京都市役所前

ブログ記事 ページ先頭へ