全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室埼玉 話そう!中国語 スクールブログ すぐに使える中...

すぐに使える中国語

皆様、こんにちは。

「話そう!中国語」の中村です。

寒暖の差にやられ、風邪を引いてしまいました。

久しぶりに、全身に風邪のウイルスが駆け巡った模様で、
熱と喉の痛みが続きました。

今は、大分よくなり、こうしてブログも更新できるようになりました。

さて、風邪を引いたということで、今日ご紹介するのは、
風邪にまつわる中国語です。

まずは、風邪
「感冒 ganmao」(例:我感冒了 風邪を引きました。)

のど
「嗓子sangz」「i喉咙houlong」(嗓子痛 喉が痛い)

鼻水がでる、くしゃみをする
「流鼻涕 liu biti」「打喷嚏 da penti」(流と打は動詞)


「药 yao」 「吃药 chi yao 薬を飲む」

実は、中国語で薬を服用することを、薬を「食べる」というんですね。

昔は、漢方薬を色々調合していたので、「飲む」というより
「食べる」に近かったのでしょうか?

今も中国では、処方箋の際に、
中薬(漢方薬)と西薬(一般的な薬)を選ぶ事ができます。

しかし、どちらも苦い!!

良薬は口に苦しですね。

皆様もお身体には、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

それでは、Thank you for reading. Smile&peace:)


 

(2012年5月18日(金) 20:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大連に留学後、中国語の外国語教育学修士を取得。地理・歴史の教員免許も

話そう!中国語
中村剛和 (中国語)

池袋・武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・さいたま新都心・大宮・東大宮・戸田公園・北与野・...

ブログ記事 ページ先頭へ