全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室埼玉 話そう!中国語 スクールブログ 対決!紙の辞書...

対決!紙の辞書vs電子辞書

こんにちは、中村です。

日中は暖かいとはいえ、夜は少し冷えますね。
体調管理が難しい天気ですね。

さて今日のお話は、

「紙の辞書と電子辞書はどちらが学習に適しているの?」

どの語学でも、腰を据えて勉強しようと思うと、
どうしても必要になってくる「辞書」

では、一体、紙の辞書と電子辞書はどちらがいいのでしょう?

私の本棚には、紙の辞書がなんと、12冊もありました。
(自分でもびっくりしました、多すぎですね)
電子辞書も1台持ち歩いています。

皆様はどうでしょうか?

紙の辞書は持ち運びに不便、電子辞書は例文が少ない、など
どちらも一長一短。

実は、ちゃんと検証されているんですね。
英語の話ですが、紙の辞書と電子辞書では、
それぞれどの程度、記憶に定着するか?

結論から言うと、
紙の辞書の方が記憶に定着しやすい(特に初学者)そうです。

電子辞書は、さっと引けて便利ですが、
その場限りで中々、記憶に定着しにくいそうです。

今日の話をまとめると、
初級者は紙の辞書を使い、語彙を増やす。
ある程度のレベルになると、電子辞書も有効。

私は、紙の辞書を1冊ボロボロにしました。
今でも大切な宝物です。

皆様はどう思われますか?

Thank you for reading!!

<参考文献>
Shizuka( 2003)
Efficiency of information retrieval from the electronic and the printed versions of a bilingual dictionary
Language Education and Technology, 40, 15-33.

 

(2012年4月18日(水) 1:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大連に留学後、中国語の外国語教育学修士を取得。地理・歴史の教員免許も

話そう!中国語
中村剛和 (中国語)

武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・さいたま新都心・大宮・東大宮・戸田公園・北与野・上尾・...

ブログ記事 ページ先頭へ