全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室大阪 フォルモサ中国語カフェ スクールブログ 中国語の紹介

中国語の紹介

中国には13億以上の人が住んでいて、56の民族が暮らす多民族国家です。その中でも漢民族は全人口の93.3%を占めています。

中国語のことを漢語と言いますが、これは漢民族の言葉を指しています。

広い中国ですから”漢語”にはたくさんの方言があって方言を通うと全く通じないということもしばしばありますので。1956年から中国全土で共通語として”普通話”が使われています。”普通話”は北京語音を標準語とし、北方語を基礎語彙とし現代の模範的な口語文の語法を基にしています。現在中国では学校教育はすべて「普通話」が使われている。

中国語はすべて漢字で表記されます。以前中国で用いられていた漢字は「繁体字」でしたが、漢字学習を容易にするために新中国(中華人民共和国)成立後、文字改革が行われ「繁体字」を簡略化し、これを「簡体字」と言います。現在中国大陸では、簡体字が使われ、台湾、香港、マカオなどの地域では繁体字が使用されています。

日本語を学ぶ時には、はじめにあ、い、う、え、おを学びますが、中国語は”ピンイン”を学びます。これは中国語の発音表記で、中国ではローマ字が用いられていますが、日本語のローマ字と発音の仕方が少し違いますから注意してください。台湾では注音を使っている。

そして一つ一つの音節に声調と呼ばれる高低アクセントがついていて、声調には四つのパターンがありますから「四声」とも言います。声調が違うと意味が全く違いますので「ピンイン」は声調を含めてしっかり覚えていきましょう。

 

(2011年11月18日(金) 20:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

滞日8年・台湾で中学教師も。繁体・簡体中国語・台湾語・英語全て対応

ブログ記事 ページ先頭へ