全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 美夢中国語講座 スクールブログ 「死ななきゃい...

「死ななきゃいけない」?!

今日は、前にもちょっと取りあげたFacebookの話題です。

スマートフォンの普及によって、
ますます、TwitterやFacebookのソーシャルメディアが流行ってますね。

日本では、Twitter人口が圧倒的に多いですが、
3月に大震災が起こって以来、
Facebook人口も飛躍的に伸びたそうです。

日本の大手広告会社も宣伝に乗りだしたせいで、
企業の使用率もすごいみたいですね。


台湾では、Facebook人口が圧倒的に多いようで、
私も台湾の友人との交流のため使いだして、もう2年ぐらいでしょうか。
毎日彼らと言葉を交わし、一緒にいるような気分を味わっています。

そのFacebook、中国語で言うと「臉書(繁体字)」(簡体字は化けるので省略します)と言います。
読みは、lian3 shu1。

「臉」は顔、「書」は本の意味ですから、
英語をそのまま意訳した呼び方です。

他の言い方もあります。
それはなんと、「非死不可」!

中国語をすでに勉強されている方は、
「非~不可」という言い方を習っていらっしゃるかもしれません。

辞書を引くと、「ぜひとも…でなければならない」
そうです。
意味は「死ななきゃいけない」

でも、なぜ?

音訳なんですね。
発音は fei1 si3 bu4 ke3、
確かにFacebookの英語の発音ととても似ていますが…

それを知らないで、いきなり「非死不可」と言われたら…
かなりびっくりするんじゃないでしょうか?

私も初めて字ヅラを見た時には、すごく驚きました。


*中国では、FacebookやTwitterは使えないので、代わりに中国独自の微博(マイクロブログ)と言われるソーシャルメディアが使われています。

 

(2011年6月13日(月) 14:52)

前の記事

この記事を書いたコーチ

中国語の日本情報誌の編集経験!難しい発音もちょっとの工夫でできる

美夢中国語講座
渋谷展子 (中国語)

新宿・高田馬場・西武新宿

ブログ記事 ページ先頭へ