全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 七色の中国語 スクールブログ ”知足”の暮ら...

”知足”の暮らし

3月11日、子供の学校のお手伝いを終え、花粉症の薬をもらいに行った病院で、激しい揺れに遭遇しました。
今まで経験したことのない揺れに、ここ多摩地区が地震の中心だとばかり思っていました。

その後目にした本当の被災地の惨状に呆然とし、震え、ただただ涙があふれました。そして、少しずつ力を奮い起こして思ったのは、これからもこの国で子供を育て、未来を築くこと。

今私ができること、子供たちに伝えられることは、“知足”の暮らしをすること。

早寝早起きで電気の使用を減らし、エアコンは湯上がりだけ、お風呂の電気も体を洗う時だけ点けます。
圧力鍋や土鍋を使って、冷めても食べられる物をまとめて調理し、お鍋のままテーブルに出します。
夕食には小さな灯りとろうそくを灯します。暖かい汁物とご飯があれば、それだけでぽかぽか。
お風呂はまとめて入り、残り湯は洗濯に使用した後の残りも、ギリギリまで溜めておきます。

挙げればきりがありませんが、どれも少し前の日本でみんながあたり前にしていたことだと思います。
当時とは使っている道具こそ違えど…


私が子供時代を過ごした当時の中国では、停電は当たり前のことでした。
というよりも、夜は電気がほとんど供給されません。
それでも、家族が無事に一緒に暮らせることに“知足”を感じていました。

“知足”とは「足るを知る」、つまり今あることに満足することです。帰る家があり、共に過ごす家族がいる、それだけで大満足です。

ちびちび節約した分や友人とのランチをキャンセルした分などは被災地に役立ててもらいます。
ちょこちょこ貯めてはまた送ろうと思います。

必要最低限の暮らしを被災地の方々も早く取り戻せるよう、みんなが“知足”を感じられる日が来るよう祈りながら、今日もラジオにかじりついています。


※写真は、一週間肌身離さず持ち歩いている懐中電灯付きラジオと食卓のろうそくです。ろうそくは無印良品のものですが、バースデイケーキの残りのろうそくも混ぜたため、色が…

”知足”の暮らし

(2011年3月17日(木) 12:08)

次の記事

この記事を書いたコーチ

「余計な事はしない」あなたを本当に見てくれるコーチです

七色の中国語
Ai (中国語)

立川・西国分寺・国分寺・国立・明大前・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘・京王永山・京王多摩セン...

ブログ記事 ページ先頭へ