全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 はじめての中国語 スクールブログ 兎年

兎年

今年は兎(ウサギ)年ですよね。
兎といえば、かわいい、ふあふあ、優しい、おとなしい、
白い……というイメージがありますが、それでは、中国語
の四字熟語では、「兎」の字をどのような意味で使われて
いるんでしょうか。

1.獅子搏兎:
直訳すれば、獅子が兎とレスリングをする、ということですね。つまり、小さいことに対しても気を抜かず、真剣勝負をするという意味です。ここで「兎」は、些細なこと、弱い相手などを比喩しています。
       
2.動如脱兎:
文字通り、動きが兎の如く素早い、という意味です。ここで「兎」は、敏捷さを象徴するものとして使われていますね。

3.東兎西烏:
古代中国の神話によれば、月の上には兎が、太陽の上には三足鳥が住んでいると言われています。すなわちここで、「兎」は月の象徴であり、「烏」は太陽の象徴であります。月が東から昇り、太陽が西に沈む、というシーンで、時の流れ去る早さを指しています。

日々を大切にして、悔いのない人生を送るのが何よりですよね。

 

(2011年3月10日(木) 21:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中央大でインストラクター!初めての方~ビジネス用語を勉強したい方まで

はじめての中国語
李憲 (中国語)

新宿・立川・府中・京王多摩センター

ブログ記事 ページ先頭へ