全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 中国語を始めて...

中国語を始めてみよう。

こんばんは~。体調が悪いのでニンニクを生で食べたら胃を壊した神野でございます。誰かカレーの美味しい作り方教えてください。昨日は牛乳とコーヒーを入れてみました。なかなかうまくいかないものですね。


今日は「これから中国語を始めてみよう!!」という志を持った方に、おススメの本を紹介したいと思います。中国語を勉強するキッカケはそれぞれ違うと思いますが、どんな方にでも、「中国語を勉強する」って方に読んでおいてほしい本、「中国語ってどんな言語?」ということを知ることができる本です。


『中国語のすすめ(鐘ヶ江信光著・1964年出版)』

恐らく日本で初めての中国語の発音・文型・表現から、歴史に関して述べた本です。1964年出版で、僕が持っているのは93年に刷られたものですが、それが52刷目(!!)です。文庫本サイズで、200ページぐらいありますが、何も全部読む必要はありません。自分が興味を持った部分だけ読めばいいんです。


あと、この本にはピンイン(中国語における漢字の読み方を記したローマ字)が書いていません。ですが、読む価値は充分にあります。


最後にこんな言葉が書いてありました。


ことばのの勉強は3つの「き」に支えられています。それは、「暗記(あんき)」「根気(こんき)」「年期(ねんき)」です。


僕もよく言っていますが、語学は「耐力」であり、「果てしない道のり」なのです。


ニ冊目

「ピンイン付きの似たような本はないの?」という方にはこの一冊。


『はじめての中国語(相原茂著・1990年出版)』


ご存知、中国語界のパイオニアである相原茂先生による「中国語とはどんな言語か知ることができる」本です。こちらの本は1990年発行で、僕が持っているのは2002年に刷られたものなのですが、21刷目!!です。こちらはピンインもついています~。


どちらもBOOK OFFなどで100円で買えますし、買っておいて損はないでしょう。


近道をしたくなる気持ちもあると思いますが、焦る必要はありません^^ゆっくりといきましょう。


オマケ:僕のTwitterでも中国語についてちょくちょくつぶやいてるので、よかったら参考にしてください。ツイログから見れば、日別に僕のつぶやきを見ることができます。 → http://twilog.org/honki_chinese





 

(2011年2月16日(水) 20:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

池袋・南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ