全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 中国語の単語を...

中国語の単語を見てうっかり。

みなさんこんにちは。雪って降ってる時、キレイに積っている時はルンルン気分でも、その後凍結したりドロで汚れてたりすると、とたんにテンション下がりますよね・・・。今日は周杰倫(ジェイチョウ)の歌を熱唱!!カラオケの後は龍角散のど飴(梅味)が欲しくなる神野です。


今日僕が何となく中国語検定のサイトにある、定期的に発行している『中国語の環』の電子版(→http://p.tl/q7K-)を読んでいたら、“撕票小姐si1piao4xiao3jie3”という単語が目にとまったんですよ。

補足情報:意外と知らない人が多いんですけど、中国語検定の過去問は公式HPで見れる!!んですよ。こちらから見れます → http://p.tl/g0EN


“撕票si1piao4”という単語を目にした瞬間、僕は台湾にいた時のことを思い出しました。台湾には“蘋果日報ping2guo3ri4bao4”という「過激な新聞(見たことある人はわかると思います^^:)」があるんですが、そこに“撕票si1piao4”という単語が使われていて、「(身代金などで納得がいかず)人質を殺す」というものでした(笑)


なので僕はこの“撕票小姐si1piao4xiao3jie3”という単語を見て「一体どんな“小姐”やねん!!」とパソコンのディスプレイに(手の甲で)ツッコミを入れてしまいました(冗談です)


その後、本当の意味(本当は「映画館などで、切符をきる女性係員」のことでした)を知ったあと、「な~んだwwですよね~~~~~~~~wwwwww(舌を出して、握りこぶしで頭をつつく)」ってなりました(笑)


そのあとtwitterでそのことをつぶやいたら、フォロワーさん(現役の中国語講師の方)から「“撕”はとてもよく使う単語ですね」とコメント頂きました^^vみなさん、よく使うらしいですよ!!(単語帳にメモメモ!!)


余計な、ってか変な単語を知っていると、変な読み違いを起こす良い例でした。


ちゃんちゃん♪

 

(2011年2月16日(水) 1:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ