サイタ語学の習い事中国語教室神奈川 あったか中国語レッスン スクールブログ 餃子といえば・...

餃子といえば・・・・?

日本では皮がパリパリした「焼き餃子」が主流ですね。

一方、本場中国では餃子は一般的には「水餃子」を指します。

鍋に油をひいて焼くのではなく、沸騰水で湯がくのでヘルシー。
たっぷりの黒酢であっさり、つるんとした食感でいくらでも食べれそうです。

大学の食堂には、餃子専門の店舗を構えているところもあります。
中身も、シイタケや茄子、羊のお肉まで何十種類もあり、少しずつ頼んでみなで食べればいろんな味が楽しめますね。

今は水餃子用の皮や黒酢も手に入りやすくなりました。

一度ご自宅でも焼くのではなく、湯がいてみませんか?

 

(2011年2月15日(火) 23:04)

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学で中国に留学。現地で役立つ表現と人情あふれる中国の魅力をお届け

ブログ記事 ページ先頭へ