全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 辞書引きのスス...

辞書引きのススメ~中国語を調べる時は・・・~

今年のチョコの収穫は2個(手作り1個!!)。予想外の収穫に顔の緩みがとまらない神野でございます。



今日は中国語の辞書の引き方についてお話ししたいと思います。


「紙辞書派?電子辞書派?」と聞かれて、僕は「どっちも派」です。今回は、紙辞書と電子辞書をわけないで、「辞書をどのように使うべきか?」についてお話したいと思います。


「中国語の意味を調べる時」篇


みなさん、意味がわからない中国語の単語に出会った時は、通常辞書をひくと思います。以下の一、ニのどちらを選びますか?


一.調べたい単語だけを調べる

ニ.周辺の語彙もチェックする。例えば“吃飯”を調べたら、その前後にある、例えば“吃耳光chi1er3guang4”などもチェックする。


ニの用法は、たまに本なのどでも指摘されていますね。紙辞書を推す方にこの傾向が強いようです。


僕はというと、一.のやり方なんですよ。なんでかというと、ニ.の方法だと、その調べた周辺の単語が「どういう場面で使われているのか」、「普通話で使われているのか」どうかがわからないんですよね。


さっき言ったように、中国語の辞書をひく場合って、その大多数が「意味のわからない単語」にでくわした場合なんです。つまり、「実際に中国人によって使われている単語」なんですよね。その対象となる単語以外の、周辺の単語も調べると、果たしてその単語が「どういう場面で使われているのか」がイメージできないんですよ。


だから僕は辞書をひく時はあまり、周辺の単語まで手をださないようにしています。


調べた単語は単語帳に書いておいて、あとあと見直すと「あ~こういう場面で使われたな~」って軽く思い出に浸ることができます。


「リアルにイメージできる」って大事だと僕は思いました。

 

(2011年2月14日(月) 22:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

池袋・南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ