全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 中国語の漢字1...

中国語の漢字1つに対して発音は1つ?

みなさんおはようございます。今日はバレンタインデーですね。駅前のデパートなんかでチョコを大量に買っている人を見ると、「女の人って大変だな~。大変ついでで悪いんですが、僕にそのチョコを1つください。」と感じている神野でございます。


今回は中国語の“多音字duo1yin1zi4”について勉強したいと思います。


中国語には4つの声調があり、その声調によって意味が異なってくるというのは割と初期の段階で学ぶことだと思います。


日本語の漢字には、例えば「行」という感じをとってみても、「行脚」「行く」「改行」、「行き」では読み方がそれぞれ違いますよね。


実は中国語も同じで、全てではないのですが、読み方が2つ以上存在する漢字があるんです。それを中国語では、“多音字duo1yin1zi4”と呼びます。


例えば、上に挙げた“行”。これは“xing2”と“hang2”の2つ発音があります。次に挙げた単語は、“xing2”なのか“hang2”なのかわかりますか?


1.“行動????dong4(行動)”

2.“行李????li(荷物)”

3.“行人????ren2(通行人)”

4.“行業????ye4(職種)”

5.“排行pai2????(列を作る)”





わかりましたか?正解は1~3までが“xing2”で、4,5は“hang2”です。ちなみに、“行”には“heng2”という読み方もあるみたいです。「“道行dao4heng2(腕前)”」(僕も初めて知りました!!)


このように、辞書で単語を調べる際には、電子辞書ではジャンプ機能を使用したり、また紙辞書の場合は、字引きの一番下などを見て、細かにチェックをすることが必要です。そして、その調べた“多音字”を、ノートに書きだしていくことも効果的かもしれません(僕はやってます)


 

(2011年2月14日(月) 2:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ