サイタ語学の習い事中国語教室埼玉 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 中国語と数字の...

中国語と数字の「8」

みなさんこんばんは!!雪が降るのもちょっとだけ。なんだか寂しい2月9日。どうもみなさん今晩は。カレーにはレバーはいれてはいけない。なぜなら臭くなってしまうから。神野でございます。


今日は中国語と数字の「8」についてお話したいと思います。なんでこの話をするかといいますと、僕は「中国語ジャーナル」のメルマガ(URL:http://www.alc.co.jp/mmcenter/)に登録してまして、そのメルマガに“八輩子ba1bei4zi”という単語が出てきまして、八代にわたる生涯、つまり「長い間」という意味らしいです。


中国語と数字の関わりは結構密接で、中国語成語の中にも頻繁に登場します。(この話はいつかやろうと思います。いつか・・・)


中国語における「八ba1」は、「お金持ちになる」という意味の「発財fa1cai2」に(音を)かけて、中国人に親しまれています。その他にも、あとでちょっと触れますが、中国語の八には、八卦(はっけ)という世間万物の法則説いた易経の八つの基本図像が関係しているのかもしれません。


そこで、「八」が冒頭にくる単語をいくつかリストアップしてみましょう。


八大菜(ba1da4cai3):中国の代表的な料理。山東・江蘇・四川・などなど・・・

八宝(ba1bao3):いろいろな料理。たくさんの材料でつくったもの。

八卦鶏(ba1gua4ji1):七面鳥

どうですか?七面鳥なんて、中国語では「八」なんて面白いですね。

他にも成語だと・・・

八面玲瑯(ba1mian4ling2long2):八方美人

八面威風(ba1mian4wei1feng1):威風堂々

八面見光(ba1mian4wei1guang1):やることにそつがない

なんてのがあるみたいですね。

ちなみに僕がよく使っている『中国語文法用例辞典』も、タイトルは「八百詞」です。



ではいきなりですがクイズです!!次の単語の意味、わかりますか?


“八卦雑誌ba1gua4za2zhi4”



答えは、「ゴシップ雑誌」です。なかなか単語から意味が想像しづらいかと思いますがこういう意味もあるんですね。


他にも“八股ba1gu3”なんて単語もあります。「形式的で中身が伴ってない」という意味です。ジェイチョウの「我不配」という曲のオープンニングの台詞で出てきますよ。よかったら見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=cEpwFGBDyNY


中国語の数を辞典で一から調べながら、どういった意味の単語を形成しているか調べるのも面白そうですね。

では。

 

(2011年2月9日(水) 21:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

新着記事

すっかり更新が遅れてしまいました。すみません^^;実家に帰ったり、花粉で苦しんだりしている毎日です。 今日はまた成語のお話です。中国語で「手」は“shou3”で、足は“脚jiao3”です。(こまかく見れば違いますが、大まかにいえばこのようになります。) では、このように“手”と...

どうもみなさんこんにちは。 今回は、前に話した中国語の数字を使った表現(中国語における数字の8を使った表現について話しました。)の続きをお話したいと思います。 みなさんは、中国語の数字“三”を使った時にどのような中国語表現を思い浮かべますか? 例えば単語だったら・...

お知らせです。 今度から朝晩1日2回、Twitterで中国語単語をつぶやきます。ハッシュタグは、#honkichineseです。 twitterはこちら → #honki_chinese 僕は普段から 電子辞書の単語帳に単語を登録 → ある程度数がたまる → ノートに書...

みなさんこんにちは!!まだ月曜日なのに心身とも疲れきっている神野でございます。 今日は中国語の“東dong1”と“西xi”についてお話します。 みなさん!!中国語の“東”“西”と聞いて何を思い浮かべますか?そうですよね!!(何が?)日本語で「もの」を表す“ding1xi←こ...

最近は段々と阿多卓なってきましたね~。花粉症が怖いこの季節、どうもみなさん、神野でございます。 今回は中国のテレビ番組を紹介したいと思います。 それは、「CCTV財経頻道(中国中央テレビ金融経済チャンネル)」の《経済与法》」です。 「《経済与法》なんて難しそう((((゜Д...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ