全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 本気で身につける中国語講座 スクールブログ お久しぶりです...

お久しぶりです(荒鷲の帰還)

どうも~。お久しぶりです~。最近全然ブログを更新しなくてすみません~(^q^; )卒論書いたり、研究発表したり、通訳やったり、メキシコ灰色熊と闘ったり、論文翻訳やったりと・・・やることいっぱいでした~。ブログ書いてなくてすみません~。


で!も!卒論も出したし!今週末にある研究発表会に出れば、晴れてお役御免ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)。僕の大学院での任務も全て終了となります。これからは、やることが大幅に減るので、時間の調整がたくさんつきますよ~!!体験レッスンだけでもいいので、中国語を本気で学習したい方!!僕とお話しましょう~(´Д⊂)中国語の学習方法とか色々教えます~。


では、今回のお話

「単語量を増やそう!」



僕の部屋には暖房が無いので、部屋では常にダウンジャケット、手袋、マフラーという三種の神器を身につけてます。


って頭の中で考えた時に、次に「ダウンジャケット」「手袋」「マフラー」は、「中国語でなんていうんだろう??」って考えるようにしてください。

ちなみに「ダウンジャケット」は中国語で“羽絨衣(yu3rong2yi1)”、「手袋」は、“手套(shou3tao4)”、「マフラー」は“毛巾(mao4jin1)”です。常に脳内の日本語を中国語に変換していくことを考えていきましょう。


僕の考えでは、言葉を使ってコミュニケーションをとる為に必要なのは、まず「単語」だと考えてます。とにかく単語量を増やす!増やす!増やす!


前にもここでちょろっと書いたんですが、外国語ができるための方程式「インプット⇔アウトプット」の繰り返しですね~。そのインプットの手段の1つとして、「語彙量を増やす」というのがあります。僕は毎年、一冊のノートを買って、そこに電子辞書でチェックした単語(電子辞書には大概調べた単語を記録できる単語帳機能があります)をノートにすらすらと書きだしてく、って作業をやってます。


今年僕が行っている、中国語の単語のチェックのしかたは、単なる「単語」だけでなく、「多音字」と「成語」にカテゴリーをわけています。


「多音字duo1yin1zi4」というのは、「2つ以上の発音を持つ漢字」のことで、例えば「あげる」という意味の「給gei3」がありますね~。実は「給」ってもうひとつの読み方があるんですよ。「ji3」とも読むんですよ~。


もちろん、自由気ままに発音をわけて使ってるわけじゃあありませにょ。この「給gei3」と「給ji3」は、「意味」によって使い方をわけてるんです。そしてどのような場合にわけて使っているか、をノートに書いてるのが、僕が今年から始めた「多音字」チェックです。


そんで去年に引き継いで「成語」は今年もチェックしてます。「成語が使えるかどうかは、中国語ができるかどうかの大きなキーポイントである」と僕は考えてます。


「成語を使うことで、女の子にもモテモテ!!先日上海のハイパー美人に“ni3的中文超好哦~(中国語超やば~い)”と褒められました。これも成語さんのお蔭です!! byT.K(都内在住の大学院生。某スクール講師。25歳)」


そして、単語をノートに書くときには、必ず「例文」も書いてください。どういう場面で使われているかも、必ず覚えましょう。


というわけで今年はたくさん皆さんと知り合って、お話し、中国語のレッスンをしたいと思っております。


では~。

 

(2011年2月2日(水) 9:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ