サイタ語学の習い事中国語教室東京 ハルの中国語講座 スクールブログ 奥深い漢字

奥深い漢字

中国も日本も漢字を使いますね。
中国語の漢字の数は8万5千超とも言われていますが、日常で使う漢字は大体5000ぐらい。
一方、日本語の漢字は約4万にものぼりますが、普段使われているのは2000ぐらいだそうです。

最近は、テレビのクイズ番組で漢字に関する問題が出ることが多いと思いますが、中には漢字の国からきた私にも分からない難しい漢字もあり、勉強になります。(笑)

もちろん同じ漢字を使う国同士としては共通点も多く、通じ合うものも沢山あります。

例えば、電話・書店・公園など。
簡体字の違いはありますが、意味は同じです。
全く中国語が分からなくても、これなら中国人とは筆談である程度コミュニケーションを取ることもできますね。

しかし、同じ漢字でも意味が違うものが多くあります。中には、似ても似つかないものも。

例えば、「手紙」。
日本語の意味はレター、中国語ではトイレットペーパーを指します。
「娘」は、日本語は自分の子供を含む若い女性を指しますが、中国語ではお母さんという意味があります。

また、「消息」は、日本語では安否という意味合いで使われますが、中国語ではそのニュアンスもあるものの、どちらというと、情報・報道・ニュースなどの意味合いで使われています。

他にもいろいろあるので、調べてみると面白いですよ。

 

(2010年9月12日(日) 10:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パナソニックで通訳!麻婆豆腐の「麻」の意味は?漢字の奥深さまで堪能

新着記事

グルメめぐりが大好きな私ですが、 自分で料理するのも好きです。 日本に来てから一番よく作る料理は、麻婆豆腐。 おかげさまで、友達にも家族にも大好評です。 中華料理の麻婆豆腐のポイントは、 実は「辣」(la、=辛さ)より「麻」(ma)です。 「麻」は舌がしびれるという味覚で、 ...

中国も日本も漢字を使いますね。 中国語の漢字の数は8万5千超とも言われていますが、日常で使う漢字は大体5000ぐらい。 一方、日本語の漢字は約4万にものぼりますが、普段使われているのは2000ぐらいだそうです。 最近は、テレビのクイズ番組で漢字に関する問題が出ることが多いと思いますが...

ご存知のように、中国語も発音は母音と子音から成り立っています。 日本人にとって、母音はともかく、子音は初めなかなか馴染めないかも知れません。 子音の中には、更に無気音と有気音があります。 b d は無気音、 p t は有気音。 結構区別がつきにくい発音ですね。 例えば、中国語を...

中国人は「朋友」(=友達)という言葉が大好きです。 中国は「朋友」の社会と言っても、過言ではありません。 「朋友」だと認めてくれたら、まず一安心。 なので、中国ビジネスの第一歩は、相手と「朋友」になることではないでしょうか。 こんな話があります。 中国へ商談に行ったある日本人...

ブログ記事 ページ先頭へ