全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 ハルの中国語講座 スクールブログ 奥深い漢字

奥深い漢字

中国も日本も漢字を使いますね。
中国語の漢字の数は8万5千超とも言われていますが、日常で使う漢字は大体5000ぐらい。
一方、日本語の漢字は約4万にものぼりますが、普段使われているのは2000ぐらいだそうです。

最近は、テレビのクイズ番組で漢字に関する問題が出ることが多いと思いますが、中には漢字の国からきた私にも分からない難しい漢字もあり、勉強になります。(笑)

もちろん同じ漢字を使う国同士としては共通点も多く、通じ合うものも沢山あります。

例えば、電話・書店・公園など。
簡体字の違いはありますが、意味は同じです。
全く中国語が分からなくても、これなら中国人とは筆談である程度コミュニケーションを取ることもできますね。

しかし、同じ漢字でも意味が違うものが多くあります。中には、似ても似つかないものも。

例えば、「手紙」。
日本語の意味はレター、中国語ではトイレットペーパーを指します。
「娘」は、日本語は自分の子供を含む若い女性を指しますが、中国語ではお母さんという意味があります。

また、「消息」は、日本語では安否という意味合いで使われますが、中国語ではそのニュアンスもあるものの、どちらというと、情報・報道・ニュースなどの意味合いで使われています。

他にもいろいろあるので、調べてみると面白いですよ。

 

(2010年9月12日(日) 10:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パナソニックで通訳!麻婆豆腐の「麻」の意味は?漢字の奥深さまで堪能

ハルの中国語講座
岡添春子 (中国語)

町田・古淵・淵野辺・相模原・八王子みなみ野・八王子・京王多摩センター

ブログ記事 ページ先頭へ