全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室埼玉 本気で身につける中国語講座 スクールブログ 中国の笑い話「...

中国の笑い話「善人のオナラは臭い」

 最近は、≪中国歴代笑話精選≫という中国の歴代の笑い話の中でも選りすぐりのものを集めた本を読んでます。どれも短く、しかも英中対訳なので、英語の勉強にもなります^^v 


 どれも腹がよじれるほどは面白くはない(笑)ですけど、「ふふっ」程度には笑えます。今回はそのうちの一本を紹介。日本語の訳は、僕がやってみます。


*ここのブログでは、中国語の簡体字標記ができないみたいですので、代わりに日本語の漢字で代用します。



“臭味才来”

某清客善于拍馬奉承。

一天,主人放了屁。他听見后,故意問道:“什麼響了一下?”

主人説:“我放了个屁”

清客説:“不臭,不臭!”

主人説:“好人的屁当是臭的,要不臭就不好了。”

清客馬上用手在自己的鼻子前扇了扇,説:“臭味才来,才来。”


【語句解説】

清客(名詞):中国の戦国時代に、貴族の家で養われた才能のある人物で、主人を助ける役目をする人物。


要(接続詞):「もし」、「仮に」など仮定を表わす。“要是”ともいえる。同じ仮定でも“如果”より軽い感じを表わします。一般の会話では、“如果”よりも“要是”のほうが好んで使われているようです。後ろによく、副詞“就”が呼応し、「~ならば~」のように訳されます。


*この“要”には、他にも様々な使われ方があるので、早いうちに把握しておくことをおススメします。


では翻訳です。うまく笑いを誘えるように翻訳してみますね(汗)



「臭くなってきましたぞ」

おべっかが得意な、ある食客がいた。

ある日のこと、彼の雇い主がぷっとおならをした。それを聞いたこの食客は、わざと「何か音がしたみたいで?」と訊いた。

「余の放屁だ」と雇い主が言うと、

食客は「臭くない、臭くないですぞ!」と言った。

すると雇い主は「品行が正しい人間の屁は、臭くあってしかるべきなのだ。臭くないのなら、それはまずい。」と言った。

食客はただちに、手で自分の鼻の前をすっすと扇ぎ、「臭くなってきた、臭くなってきましたぞ」と言った。




どうですか?弁解しても、時すでに遅しって感じですが・・・。それにしても「善人のおならは臭い」って誰がいったんですかね^^;

 

(2010年7月30日(金) 12:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

池袋・南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ