全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室埼玉 本気で身につける中国語講座 スクールブログ はじめまして!...

はじめまして!!

みなさんこんにちは!!「本気で身につける中国語講座」を担当している神野智久(かんのともひさ)です。現在は大学院生をしており、中国語の文法を研究してます。論文書いたり、中国人に日本語教えたりと充実した毎日を過ごしています・・・。


いきなりですが、僕は「語学とは終わりなき旅である」と普段からしみじみと感じております。最初はまず僕の自己紹介をかねて、僕がこれまで中国語とどのような「旅」をしてきたのかを紹介しますね。これを通して、何か感じとってもらえれば幸いです。



~大学入学~

 僕は高校卒業後、一浪し国立大学の受験に失敗します。唯一受かった都内の大学の中国語学科に入学。中国語学科を受験した理由は、予備校時代の漢文講師の影響なんです。授業中に、中国の秘境の写真をよく紹介してて「俺も行きたい!!」と思ったんですよ。ホントに安直ってか単純というか・・・。

~覚醒前夜(北京留学)~

 大学入学後、大学入学後に出きた、生まれて初めての彼女(ちなみに同じ学科)と幸せな毎日を送り、特に中国語を勉強せずに過ごす。そんなこんなで大学2年の夏休み、北京へ語学研修に行くことにする。理由は、まぁ当時の彼女が「行く」と言ったからです 笑 「じゃあ俺も」みたいなノリですよ。

北京では、現地の学生の真面目っぷりに衝撃を受け、それに感化され真剣に勉強をし始めました。そして帰国とほぼ同時に、今度は一年間の語学留学に行こうと決意します。

ホント、北京では色々な出会いと別れ、僕にとってこの大学2年時の北京短期留学は一生の思い出だと思ってます。ここでは語りつくせないので、続きはレッスンで 笑





え?彼女?・・・・北京に行く前に別れちゃいました\(^o^)/


~成長時代(台湾留学)~

 留学先は北京を希望していたんですが、奨学金の枠がすでになくなっていたため、空いていた台湾を選択。(ここで、「あれ?台湾って中国語なの?」とかましてや台湾では繁体字が使われるとか何も考えず何も調べずで決めてしまいました^^; 当時は何も考えずに行動していたな~)

そして、僕は大学3年生となり、台北にある東呉大学という故宮博物館のすぐ近くの大学に留学に行きます。

そこで僕は、「今まで自分が如何に人生を甘く見ていた」かを思い知らされます。東呉大学の日本語学科は、国内最高峰の台湾大学の日本語学科と肩を並べるほどの超エリート集団!!とにかく中国語ができず通ぜずだったんです。そこで負けず嫌いの僕は、今までの遅れを取り戻すために猛勉強を始めます。

幸い、僕が暮らしていた大学の寮は、8人部屋で、さらに9割近くが台湾人だったので、環境には何ら不自由しませんでした。そこで僕は缶詰状態に、毎日授業以外でも8時間以上は勉強してた気がします。半最後の期末期間中は、精神的に追い込まれすぎて、お風呂に入ってないことに気付くのに3日かかったりました^^;


留学中は遊んだ記憶があまりなく、でも本当に色々なことを経験しました・・・(ここら辺は濃密なので、レッスンの時にお話ししますね^^v)。半年間語学教師いなかったり(語学留学に行ったのにですよ!!)。精神的にも鍛えられました。「悔しさ」が僕の原動力なんだな~ってこの頃から感じ始めます。


~帰国&就活~卒業、そして進学~

 帰国後、周りとと同じく普通に就職活動を始めます。前からなりたかった、リゾートホテルのホテルマンになるため、各地のリゾートホテルを旅します。埼玉、東京、栃木、長野、群馬、静岡、京都、滋賀などのリゾートホテルや旅館、ホテルを旅(笑)します。結果、第一希望のホテルから内定を頂きました。

 しかし、その後の語学ボランティアなどを通して大学院への進学を決意。親からはブーイングの嵐でした 笑 

~大学院時代~

「就職しなかったのを公開したくはない!」という気持ちで、大学院では再び猛勉強を開始。かねてから指摘されていた発音(台湾なまりの発音は、あまり日本の先生には受け入れられていないのが現状です)も、シャドウイング(リスニングにあわせて発音する練習法)で必死に直し、どうにか朗読では、北京の中国語っぽく発音ができるようになる。そして満を持して、HSK(中国政府認定の中国語テスト)と中国語検定準一級を受験!!(ちなみに、台湾にはHSKも中国語検定もありませんし、受験もできません)


 HSKは9級(1~11)に合格し、中国語検定準一級にもギリギリで合格!!台湾に留学行ったことがあり、この2つの資格を有する人はあまりいなんじゃないでしょうか?僕の大学院生活で一番嬉しかった出来事でした・・・。

その他にも、一年で論文を3本書いて、そのうち2本は学会で発表!!

2年生になってからは、かわいい?後輩もできて、中国人の同級生に日本語を教えたりと、ますます充実した日々を送っております。



と、まあだいたいこんな感じです^^ちょっと長かったでしょうか?



僕は、中国語を通じて、日本人や中国人、台湾人と出会い、様々なことを経験し、成長して、今まで精一杯旅をしてきました・・・。


これからの貴方(貴女)の旅に、僕が同伴できるのならこの上なく光栄です。


僕と一緒に旅をしませんか?


まずはこんなところです。全部はとても伝えきれないので、あとは実際にお会いしてお話できたら嬉しいです(O型なので、自分のこと話すの大好きなんです 笑)


閲覧ありがとうございました。


 

(2010年7月26日(月) 21:34)

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学経験に基づいた指導!成長の一歩だから「間違えても大丈夫」

本気で身につける中国語講座
神野智久 (中国語)

池袋・南越谷・赤羽・東大宮・久喜・川越・熊谷・北越谷・春日部

ブログ記事 ページ先頭へ