全国5万人が受講している「サイタ」

楽譜の読み方(楽典・ソルフェージュ)講座

楽譜の読み方(楽典・ソルフェージュ)講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室楽譜の読み方・書き方講座東京 演奏のための楽譜スクール スクールブログ 楽譜って情報量...

楽譜って情報量がすごいんです!基本編

こんにちは!

今日は、楽譜を読むってことについて、書きたいと思います(^^)
楽譜が読めるってすごいことなんですよ!

楽譜を構成する、一つ一つのパーツを取り出して、説明しますね♪


①音符
まず、楽譜を読むって言ったら、これでしょ!音符!

この子たちが示すのは、「おとの長さ」です。
全音符、2分音符、4分音符…などなど、
彼らが、音楽を作る基本中の基本 リズム をうみだします!


②五線
え?①の音符からは、「おとの高低」も読み取れるでしょ?
と思ったあなた!違いますよ(^^)

五線の中に、音符たちが入ることで、「音の長さ+高低」が分かるんです。


③音部記号
そんなのありましたっけ? と聞きたくなる名前ですが、
この中に「ト音記号」や「ヘ音記号」などが入ります。
五線の一番左にに書いてある記号ですね。
実は、①と②だけでは不完全。

音部記号によって、「おとの高さ」が決まります。
ピアノだと、ほとんどの場合、
ト音記号=右手担当、ヘ音記号=左手担当 ですね。
同じ五線でも、この音部記号によって、音が変わるんです!


④拍子記号
③までで、音の高さや長さは分かったけれど、
拍子記号も大切。
五線の始めに書いてある、縦に並んだ数字。

これによって、小節のなかに、「どの長さの音符が何個はいるか」決まります。
また、音楽の流れが決まり、どこに重心がくるのか この数字だけで分かります。


⑤調号
え!まだあるの!?
そうなんです。

音部記号のすぐ右横に書かれた、♯や♭。
この子達は、非常に強力な力をもっています。

調号により、「調性」が分かります。
端的に言うと、明るい曲か暗い曲か。
ある音には緊張感をある音には解決した時の安心感…というように
音に相互の関係や役割を与えます。
仮に調号を無視すると、とんでもない曲になってしまいます(^-^;


さてさて、長々と書いてきましたが、
これらは楽譜として成り立たせる、最低限の基本的なパーツです。
楽曲の譜面をみると、まだまだたくさんの記号や文字が出てきますよね。
その事はまた、別の機会に書きますね。

今回ご紹介した①から⑤のなかで、
演奏前にチェックするのが③④⑤。
①と②関しては、演奏中、常に見ていなければなりません。

楽譜を読むのが苦手…というかたのほとんどが、
①と②でつまずいています。
両方が苦手なかたもいますが、①と②どちらかが特に苦手で…というかたもいます。

初めて楽譜を読む訓練をする場合も
習ってきたけど読めない…と悩む方がもう一度訓練する場合も
①と②は、別々に訓練し、
徐々にそれを同時に処理できるようにするのが、一番の近道です!


あなたはどこで悩んでいますか(^^)?

 

(2014年4月8日(火) 15:19)

前の記事

この記事を書いたコーチ

国立音大卒、中高の教員免許も。ゼロ~楽譜が読める方にも活きる情報をお届け

ブログ記事 ページ先頭へ