サイタ音楽教室楽譜の読み方・書き方講座神奈川 向井 楽譜の読み方・書き方教室 スクールブログ 音符って簡単な...

音符って簡単な数学です♪

音の長さ に これくらい なんていうのはないのです。

フェルマータ や リタルランド やら、伸ばしたりゆっくりしたり、とかいう自由な記号はありますが、音符は、四拍子なら一小節の中に四拍分、三拍子なら一小節の中に三拍分がきちんと入り、どんな細かいリズムも音符にして表すことができるので、

いちとお にいとお と(これで二拍分)数えて読む あるいは書く習慣をつければいいわけです。

細かいリズムならもっと細かく、いいちいとおおお にいいいとおおお (これで二拍分)
と言う風に、細かく数えればいいわけです。

あとは、読んだり書いたり を何度もやっていくうちに慣れてきて、だんだん早くできるようになりますよ。




 

(2013年5月20日(月) 20:05)

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズオーケストラ、ピアノ伴奏で活躍。ゼロ~アドリブ用の譜面まで

向井 楽譜の読み方・書き方教室
向井彩子 (楽譜(楽典・ソルフェージュ))

横浜・戸塚・新横浜・桜木町・関内・湘南台・戸部・上大岡・二俣川

ブログ記事 ページ先頭へ