全国5万人が受講している「サイタ」

楽譜の読み方(楽典・ソルフェージュ)講座

楽譜の読み方(楽典・ソルフェージュ)講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室楽譜の読み方・書き方講座東京 演奏のための楽譜スクール スクールブログ 楽譜の五線~最...

楽譜の五線~最初は一本?

こんにちは!

楽譜といえば、まず五本の線を思い浮かべる・・・

うぅ…((+_+))
その時点で、もう頭が痛い~


そんな方も少なくないと思います。

ところで、楽譜って
最初から、五本線だったのでしょうか。



じつは、NO!

楽譜の起源は、教会です。
歌をみんなで練習するのですが、
なかなか覚えられないよ~

ということで、
まず書き始めたのが、指揮者(指導者)の手の動き!
~^^^ のように、音の上がったり、下がったりを書き始めたのが起源だそうです!

この発明のおかげで、
少しは覚えやすくなってけど、う~ん、
基準がないと最初の歌いだしの音の高さすらわからないな~

ということで!

一本・・・・



二本・・・・


と読みやすいように改良されていくうちに

五本

に落ち着いたそうです。



そう思うと、
確かに 五本線があるおかげで
すぐに音の高さがわかりますね♪

楽譜の五線~最初は一本?楽譜の五線~最初は一本?

(2013年5月10日(金) 11:05)

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音大卒、中高の教員免許も。ゼロ~楽譜が読める方にも活きる情報をお届け

ブログ記事 ページ先頭へ