音楽教室ギター教室クラシックギター千葉 asumiのクラシックギター教室 レッスンノート

asumiのクラシックギター教室レッスンノート(14ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

弦の交換の仕方チューナーのアル...
弦の交換の仕方 チューナーのアルファベットについて 先週やった2弦のドからドレミファソの音階練習の復習 アルアイレとアポヤンド テキスト ・5線の最初に表示されている4/4(4...
音階練習に1弦のラシドを追加...
音階練習に1弦のラシドを追加 コードはFを新しく覚える。(セーハの説明) C G7 Fのコードチェンジの練習 教本の続き
ギターが弾けるようになること。...
ギターが弾けるようになること。 楽譜が読めるようになることなど目標を説明 さっそくギターを持ってもらい 最初は右手の弾弦の練習から始め 指を交互にアポヤンドで弾く練習をしました ...
基礎練習・音を5つ出すスラー...
基礎練習 ・音を5つ出すスラー ・1234の指でハイポジションまで駆け上がる 教本 前回の続き  (次回から初等科に入る) 小節線をまたぐとき  セーハから単音、単音から...
クラッシックギターは必ずしもクラッ...
クラッシックギターは必ずしもクラッシックの曲を弾くための楽器でなく いろんなジャンルの音楽を演奏できることを説明。 弦をつま弾くだけでなく、いろんなテクニックや音色だせる楽器であることを...
スケール練習・・ローポジション6弦...
スケール練習・・ローポジション6弦のミから1弦のソまで コード・・基本コードはお団子が3個並んだ形であることを説明→安定した音      セブンスはそのお団子に7番目の音が追加→続きのコ...
ギターの弦の名称 (1弦、2弦、3...
ギターの弦の名称 (1弦、2弦、3弦・・・) ギターの右手の名称 (P、i、m、a) 基本の弾き方2種類(アポヤンド、アルアイレ)→1mを交互に弾いてみる 楽譜のC(4/4)の記号の説...
ギターを学んでいく上で大切なことな...
ギターを学んでいく上で大切なことなどをお話しました ・譜面に強くなること ・独奏楽器であるけど、弦楽器であることを意識すること ・どんな曲を弾くよりも、どう弾くか、どう表現するかを大事...
基礎練習 ・スケール ・ビ...
基礎練習  ・スケール  ・ビブラート(10フレットのドからスタート)  ・スラー(4つ音を鳴らす。特に4番目の音に気を遣う) 教本の続き  ・主役、脇役を弾き分ける  ・音が一...
基礎練習・音階練習 1つずつ弾...
基礎練習 ・音階練習 1つずつ弾く箇所は4個で1拍を感じるために1234を言いながら弾く ・スラー 3つ音を出すスラー ・12の指で基盤を駆け上がる(右手と左手の連動) 教本 ・前...

asumiのクラシックギター教室のレッスンノート ・・・計144件

asumiのクラシックギター教室 ページ先頭へ

クラシックギター情報

サイタのクラシックギター講師がブログを通して、クラシックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!