全国5万人が受講している「サイタ」

クラシックギター教室・レッスン

クラシックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室クラシックギター福岡 オオサトポピュラーギター講座 スクールブログ 爪が弱い人は・...

爪が弱い人は・・・

爪が弱い人は・・・って、私の事です。(>_<)

右手の爪の話です。

左手の爪は、常に切っておくことをお勧めします。

昔々、山下 和仁さんのコンサートを観に行ったときに、アロンアルファーで他人の爪をもらってつけていると聞いたのですが、ホントかどうかは、不明です。

彼のような超絶ギターの場合は、ざっくりと爪が割れるからそうなるのかな?と思いつつ、私みたいに、中途半端に切れたり、ギザギザになったりするとやっかいなものです。

しかし、彼を天才と呼ばずして誰を天才と呼んでいいものだろうか?

「神様ずるいよね!!」って、当時、私が習っていた講師の言葉です。

んで、話をもどしますと・・・・

爪が割れたりした場合の話を、押尾さんのテレビで、色んなものを紹介されていましたが、そんなにまでしてやるのかいな!?と、少々、面倒な気がしました。

と、思っていたら、最近友人が、使っているピックが、指につけるピック、正式には何と呼ぶのかわかりませんが、親指に使うサムピックなどと違って、完全に爪の代わりとして使うようなので、これは使えるかも?と思って、さっそく楽器屋さんに行ってみました。

http://cyta.jp/p/image/card/2014/5/17/16436/120.jpg

私は、クラシックの「アルハンブラ」のトレモロもそれで、可能かどうかが、一番知りたかったのですが、お店の方にも聞いてみましたが、トレモロにはどうでしょうかぇ・・・と
言われてました。

確かに指を爪に合わせてセットするようになり、爪の代わりとして使うようになってましたが、

トレモロに対応できるのだろうか?と思いました。

クラシックのかたで、こんなギミックというか、邪道的なものを使ってる人はいないだろうし、

なかなか難しいなぁ・・と思いました。

私は、クラシックギターで、ストロークもやりたいので、こういった両方につかえそうなピックには、ついつい、興味を持ってしまいます。

また、自分の指にピッタリ合ったものでないといけないので、そうなるとなかなかぴったりくるものはないようです。

爪が弱い人は、苦労してます・・・という、お話でした!

(^_^)/










爪が弱い人は・・・

(2014年5月17日(土) 13:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

チャリティーコンサートへの参加も。クラシック楽曲以外のリクエストもOK

ブログ記事 ページ先頭へ