全国5万人が受講している「サイタ」

CCNA講座・スクール(試験対策)

CCNA講座・スクール(試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格シスコ資格講座(試験対策)CCNA東京 現場で役立つCCNA講座 スクールブログ CCNAはどう...

CCNAはどうやって取得するの? ~方法、メリットとデメリット編~

CCNAを取得するには以下の方法があります。



取得方法その①

CCENT試験(ICND1:試験番号 100-101)に合格



CCENT認定



CCNA試験 (ICND2:試験番号 200-101)に合格



CCNA認定




取得方法その②

CCNA試験 (試験番号:200-120)に合格



CCNA認定


・メリットとデメリット

①の方法はCCNAの範囲をICND1とICND2という2つ分野に
分割して受験し合格を目指す方法です。
メリットは出題範囲が限定されるので勉強の範囲を
絞って学習する事ができます。

試験料も②の1発受験ルートの3万弱と比較して
ICND1、ICND2各々1万6千円弱と約半額で
ちょうど分割されたような金額設定になっており
不合格だった際の経済的負担が軽く済む利点もあります。

しかしデメリットもあります。

範囲が限定されるといってもCCNAに認定されるまでには
2回の試験に合格する必要があります。

この場合、CCENT認定をされた時点でお休み期間を取る人が
多く、平均的に学習期間が伸びがち…
その為、当初の知識が抜け落ちて行ったりするなどして復習が
必要になり、結果更に学習期間が延びる…
こうして学習のモチベーションが下がっていき悪循環に
陥りやすいという問題があります。



・どっちがいいの?

すばり私は②の方法をおススメします。
試験に臨むにあたって全範囲を学習する必要がありますので
試験対策を行なう頃には知識全体を俯瞰的に捉えられます。
頭の中にの知識マップが出来上がるイメージですね。

仕事で活用する場合も全体像が見えている方が断片的な知識よりも
役立つ機会が多くオススメですよ♪

 

(2015年5月10日(日) 12:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手保険会社や商社でシステム構築を多数経験。現場で役立つ知識を伝授

現場で役立つCCNA講座
森慎吾 (CCNA)

品川・川崎・田町・大井町・大森・蒲田・大森海岸・京急蒲田・京急川崎・糀谷・大鳥居・天...

ブログ記事 ページ先頭へ