ダンス教室バレエ教室クラシックバレエ大阪 眞央のクラシックバレエ教室 レッスンノート

眞央のクラシックバレエ教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

足元の魅せ方
スワニルダのバリエーションでの細かい体の使い方、特に角度や足の出す方向を重点的にしました。 アラセゴンが多い踊りですが、全て真横ではなくドゥバン気味に出すように気をつけて下さい。 また、右足...
発表会の練習、バリエーション2曲
金平糖もスワニルダも、両方とも注意はほぼ一緒で、しっかり床を押さえて立つ!ということでした。 踊る前に5番のポワントで立つのは、なるべくやるようにしてみて下さいね。 回りものは、勢いをつ...
足元をデリケートに使う
バリエーションの中で、足元をもっと美しくメリハリがあるように見えるよう注意してやっていきました。 前半のアンデオールもそうですが、後半は特に5番で降り、5番で止まる、ということに気をつけて踊る...
衣裳をつけて本番準備!
いつも通り注意ポイントを思い出しながらバーレッスンをしました。 本番の日も、足を上げる時の軸足を踏ん張ることと、身体が開かないよう気をつけること、プリエを柔らかくの3点に注意してバーレッスンし...
踊りに合った表現を考える
バーレッスンの時から、その振り付けに合った音の取り方や上半身の付け方を意識してもらえるようにしました。 わりと何でも一本調子で踊ってしまうので、レッスンの時から少しずつ強弱が付けれるように考え...
上半身と膝を柔らかく使う
カチコチの上半身が少しでも柔らかくしなやかに使えるよう意識してバーレッスンをしました。 加えて、プリエも固いので、膝と足首を柔らかく使えるように考えました。 5番のルルベも足が離れており、そ...
バー、センターレッスンとバリエーション
苦手分野を意識したバーレッスンと、軽くセンターレッスンをしました。 その後、ポワントを履いてバリエーションの練習をしました。 上半身はカチコチで身体の方向が曖昧なので、まずは対角線を意識して...
バーレッスン
バーレッスンを通して、得て不得手を見させていただきました。 腰が柔らかくよく反れることが最大の強みですが、その為にお腹の力が抜けやすく、立っている時にも反り腰になってしまうのがもったいなかった...
バーレッスン
今日は、得手不得手を見させていただくために、じっくりバーレッスンに時間を使わせていただきました。 とても綺麗な体で美しく動けていますが、上半身が反りやすくそれによって体が開きやすいこと、膝が緩...
ターンアウトの仕方と骨盤の引き上げ方
バレエの基本的なポジションで、正しいターンアウトのやり方を感じていただきました。 動きの中で更にターンアウトを意識していくことによって、骨盤も引き上がり、ヒップアップなどスタイルアップに繋がり...

眞央のクラシックバレエ教室のレッスンノート ・・・計12件

眞央のクラシックバレエ教室 ページ先頭へ