全国5万人が受講している「サイタ」

クラシックバレエ教室・スクール

クラシックバレエ教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ダンス教室バレエ教室クラシックバレエ大阪 楽しくレッスン 私もバレリーナ スクールブログ ☆バレエを正し...

☆バレエを正しく美しくみせるカギとは!?☆

もぅ4月も半ばなのにお天気よくない日が多いですよね…。。雨ばっかりで嫌になります(T_T)洗濯物もなかなか外で干せないので、外に気持ちよく干せる日が待ち遠しいです!!
そんな時こそ室内で、楽しく気持ちよく体を動かしてみましょう(^o^)


さて前回、バレエで使う筋力の役割について書かせてもらいましたので、今回はその使い方のキーワード的なものを書かせてもらいたいと思います☆


バレエの先生達がよく使う言葉にこんな言葉があります!
「伸ばして!」「締めて!」「回して!」「上げて!」「下げて!」「押して!」
わけわかんないですよねぇー。。(笑)
何もしてなくて、立ってるだけでもこれだけ要求されるんですよね!
体のパーツ別に、これだけのことを同時にしなければいけないってゆうところにバレエの難しさとか大変さがあると思います☆
特に初めてバレエを経験される方なんて、これだけで難しそうだから敬遠しがちですよね(^^;)))

脚とか上体をまっすぐ伸ばして立つには「伸ばす」筋力と上体を「上げる」筋力と床を「押す」筋力が必要です!
脚のアンディオール(開ける)は、脚全体を外に向けて「回す」筋力と、お尻を「下げて」「締める」筋力が必要です!
この6つの筋力がバレエを美しくみせるためのカギなんです(^^)


でも最初っから同時に使える人なんていません!じゃあどうやってクリアにしていくのかって!?
とっても簡単なことで、レッスンの時に今日のテーマを決めておこなうんです(^-^)☆
パニックにならず集中して体を動かせますしね♪徐々にわかってきますよ(^-^)


子どもの頃からしていたわけじゃないし、今更そんなことしたって…。。と諦めモードになってる人はいませんか?それは違いますよ!!
筋肉って、年齢を経てても、意識して動かそうとしてると少しずつ美しい形になってきます(^o^)!!
何もせず動かさないよりは、少しでも動かす方が間違いなく体とか動きに、嬉しくなるような変化がありますよ(*^^*)♪♪

 

(2015年4月15日(水) 11:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バレエ歴30年、様々な舞台や国民文化祭などに出演!小学校教員の経験も

楽しくレッスン 私もバレリーナ
井上知子 (クラシックバレエ)

梅田/大阪・河原町/四条・天満橋・烏丸・高槻市・天神橋筋六丁目・中崎町

ブログ記事 ページ先頭へ