全国5万人が受講している「サイタ」

クラシックバレエ教室・スクール

クラシックバレエ教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ダンス教室バレエ教室クラシックバレエ大阪 楽しくレッスン 私もバレリーナ スクールブログ バランスのとれ...

バランスのとれた筋肉は若返りのもとヽ(^○^)ノ

こんにちは!前回のブログで筋肉のことについて、少し書かせてもらいました☆もう少し詳しくお知らせしたいなぁ~と思いながらずいぶん日が過ぎてしまいました(^^;)))


バレエでよく使う筋肉の役割と言えば、
①“床を押して立つ筋肉”
②“体を引き上げる筋肉”
③“脚を上げてキープする筋肉”
④“膝やつま先を伸ばす筋肉”
⑤“腕や肩を動かす筋肉”
⑥“アン・デオール(脚を付け根から外に向ける)する筋肉”

等々色々あるんです!

どれもとっても大切な筋肉で、バレエにはもちろん欠かせないものですが、こういった所を徐々に鍛えていくと、普段の生活も変わってくるんですよ(^o^)v

①の筋肉は、足の裏とか指の筋肉が鍛えられるので、瞬発力アップです!ジャンプしたり、歩くのもサッサとスムーズにできますよ!

②の筋肉は、両脇の筋肉を引き伸ばす感じで立ったり、脊椎も伸ばして立ちます!そうしていくことで、強い背中がつくられていきます!姿勢がよくなります!

③の筋肉は、腹筋や背筋を使って体を引き上げて、安定させることが必要になるので、腹筋や背筋も鍛えていくことができますよ!

④の筋肉は、脚全部の筋肉を使うので、①の筋肉と似たとこがあります!

⑤の筋肉は、腕や肩を正しい位置に保ったり、よく動かしたりするので、上半身や二の腕が引きしまってきますよ!

⑥の筋肉は、これは、どっちかといえば下半身が鍛えられます!お尻の筋肉も使うので、キュッと引きしまったお尻になってきますよ!


バレエで使ってる筋肉ってまだまだあるんです!実際に動いてみるとよくわかると思います(^^)



もちろん、今日紹介した筋肉がバレエをしていない方でも、強い方もおられると思いますが、弱い所も実はあったりするんですよね☆それに気づかせてくれるのがバレエなんです♪♪

普段の生活でも、知らず知らずのうちに、強い筋肉に頼っちゃってることが多くなってると思うんですよね!
一度、振り返ってみてください!!
電車やバス、キッチンなど、立っている姿勢はどんな感じですか?
歩く時は、足の裏を使って歩けてますか?
腕や首は、1日に1回は大きく動かしていますか?


バレエでバランスのとれた筋肉を作って、若返っちゃいましょう(≧▽≦)!!

 

(2015年4月1日(水) 12:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バレエ歴30年、様々な舞台や国民文化祭などに出演!小学校教員の経験も

楽しくレッスン 私もバレリーナ
井上知子 (クラシックバレエ)

梅田/大阪・河原町/四条・天満橋・烏丸・高槻市・天神橋筋六丁目・中崎町

ブログ記事 ページ先頭へ