全国5万人が受講している「サイタ」

クラシックバレエ教室・スクール

クラシックバレエ教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ダンス教室バレエ教室クラシックバレエ京都 美帆のクラシックバレエ教室 スクールブログ ポアント

ポアント

こんにちは!!

バレエのレッスンカテゴリーで"ポアント(ポワント)"とあるのをよく見かけませんか?

あまり聞き慣れない言葉かもしれません。
世間では一般的に"トゥ・シューズ"という言い方がお馴染みですね!!

つま先で立つこと、もしくはトゥ・シューズそのものを"ポアント"というのですが、
バレエ界では"ポアント"の方が自然な印象です。

実は"トゥ・シューズ"というのは日本でしか通じないみたいで、
いわば和製英語の類いのようです(笑)
バレエを題材にした少女漫画などで"トゥ・シューズ"と表現されたのがきっかけで
こちらがメジャーになったのだとか!?

お教室や先生の好みでどちらも使われますが、私はポアントと言っています!!

point shoes(ポイントシューズ)=ポアント(ポワント)

海外ではこちらが正解。


あとは発音の違いといったところですね(*^^*)

 

(2015年3月26日(木) 20:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

無理なく楽しく、がモットー!20年のバレエ歴、美容・健康の話まで楽しい

ブログ記事 ページ先頭へ