全国5万人が受講している「サイタ」

名古屋駅周辺のカメラ教室(写真教室)・講座をプライベートレッスンで探す

名古屋校

写真初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

名古屋駅のカメラ教室(写真教室)・講座を探すならプライベートレッスンのサイタ。人気のカメラ教室(写真教室)・講座は赤田佳史先生の人物写真を上達したい方必見!ご家族の写真~スポーツ撮影まで幅広く対応、新井亮先生の元TVディレクターならではの視点で効果的な撮影方法をレクチャーなどです。現在、4件のカメラ教室(写真教室)・講座があります。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,900円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ趣味の習い事カメラ教室 愛知 名古屋

赤田 佳史 

「一眼レフカメラを買ってみたもののよく分からない…」 「使い方が分からない…」 「カメラ用語が難しくてよく分からない」 「スマホ......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(1件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

人物写真を上達したい方必見!ご家族の写真~スポーツ撮影まで幅広く対応

エンジョイカメラスクール

新井 亮 

人により、学びたいことは違います。 まずは一緒に学ぶことからスタートしてみませんか? もしかしたら、この講座があなたにとって ......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(1件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

元TVディレクターならではの視点で効果的な撮影方法をレクチャー

一眼レフカメラで撮ろう

八木 千賀子 

写真を撮ってみたいとカメラを購入したけど、専門用語とか多くて分からないと思われてると思います。 だけどカメラを通してしか撮ったり見た......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(4件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

ドキュメンタリー番組でも取り上げられた注目の写真家!和やかに指導します

いっしょに楽しむ写真教室

小島 有香子 

初心者の方に関しては、基本的には、毎月決まったレッスン日を設けれる方が対象です。 何故なら、始めは練習をしないとすぐ忘れてしまう......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(10件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

ブライダル撮影は800組以上。「かわいい!撮りたい」を形にするお手伝い

ぷるみえカメラスクール

名古屋のカメラ教室(写真教室)・講座 ・・・計4件

名古屋 カメラ教室(写真教室)・講座 ページ先頭へ

人気のエリアに絞り込む

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

【より良い写真撮影のために!ストロボライトの効果や選び方】
皆さんはストロボライト、略してストロボをご存知でしょうか。光の強弱や向きを変えられるフラッシュのための機材なのですが、写真を撮る際に光の強さや向きというものは非常に重要になってきます。 特に暗めの室内ですとISO値を上げなくてはならなくなるので、写真の画質が落ちてしまうという状況になります。そういった時は特にストロボがあると非常に便利です。 金銭的に余裕があれば、ぜひ検討してみましょう! ストロボを使うことでどのような効果・メリットがあるのでしょうか。例えば人物を撮る時に正面あたりからストロボで光を当てた場合、顔に影ができなくなります。人物、特に女性を撮るときは顔に影ができないように撮るのは主流であり、そうすることで明るく女性的な印象になるのです。 もちろん、逆に顔に影を付けたい場合もあると思います。そういった場合はストロボを横から当てるか、メーカーによってはリングフラッシュというものも売り出されています。その名のとおり発光する部分がリング状になっており、そのリングの半分だけ光らせる、なんてことができるシロモノです。 自分が撮りたい写真に合わせてストロボを使い分けることができれば、より写真撮影が楽しくなりますね。 ストロボが使えるシチュエーションというものはとても多くあります。先述したように人物を撮るときはもちろん、花や小物を撮るときにも使えます。実際、プロのカメラマンの多くはストロボを持っているのが当たり前であり、それをどう使うかまで熟知しています。それぐらいストロボというものは効果が大きく、上手く使えれば写真をよりクリエイティブに出来、クオリティを上げられるのです。 しかし動物や赤ちゃんに関して言えば、光にびっくりしてトラウマになってしまう場合もありますので、気をつけるようにしましょう。 ストロボは確かに高価で安易に購入することができない機材ではありますが、それだけ効果も絶大であり、一気に写真のクオリティが上がるのは間違いありません。ストロボが自分の好きな被写体に向いていると感じられた場合は、ぜひ検討してみてください。

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる