全国5万人が受講している「サイタ」

川崎駅周辺のカメラ教室(写真教室)・講座をプライベートレッスンで探す

川崎校

写真初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

川崎駅のカメラ教室(写真教室)・講座を探すならプライベートレッスンのサイタ。人気のカメラ教室(写真教室)・講座は村松克芳先生の写真歴40年以上のベテランフォトグラファー。風景写真ならお任せ、河野修一先生のコンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたになどです。現在、5件のカメラ教室(写真教室)・講座があります。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,900円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 川崎

村松 克芳 

写真がうまくなりたい! 人よりうまく撮りたい! 初めてカメラを買ったがどう撮ったら良いんだろう! 機械を操作するのが難しそう! ......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(12件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

写真歴40年以上のベテランフォトグラファー。風景写真ならお任せ

ほのぼの写真塾

河野 修一 

デジカメ操作は、奥が深いとも言えますが、決して難しいものではありません。ごく初歩的な知識さえ覚えれば、後はカメラ任せにする事も可能です......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(6件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

コンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたに

コウノ写真教室

奥 陽子 

カメラは、基本さえ覚えれば、あとはいかにシャッターを押すか、だけ!! その時、その瞬間は、もう二度と帰ってこない。 だからこそ......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(23件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座

中田 悟 

今、写真はとても身近で気軽に楽しめる存在となっています。 だからこそ「もっとこう撮りたい」「こんな写真にしたい」 などの疑問に直面......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(3件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

写真・映像のカメラマンとして活躍!自主制作映画ではグランプリ受賞経験も

カジュアルフォトレッスン

野村 宏康 

今、写真がとっても身近になりました。 スマホに内蔵されたカメラはどんどん高性能・高機能になって、一人あたりのショット数は爆発的に増え......

  • 写真初心者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(7件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 4,900円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

花・動物・風景が得意!カメラメーカーでの勤務経験から多角的に指導

光と遊ぶフォトレッスン

川崎のカメラ教室(写真教室)・講座 ・・・計5件

川崎 カメラ教室(写真教室)・講座 ページ先頭へ

人気のエリアに絞り込む

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

【自然や風景写真を撮るために知るべき5つのテクニック】
写真を始めて「絞り」という機能に戸惑ったことは無いでしょうか? この「絞り」こそ、自然を撮影する上での表現で大切な要素となります。例えば絞り開放にして背景をぼかすのか、絞ってパンフォーカスにするのかによって仕上がりが全く変わってきますよね。特に自然の撮影では絞って撮影することが多いですが、これには注意が必要です。デジタルカメラの撮影では、回折現象が目立つのです。だいたいF11-16に設定すると綺麗に撮影できるでしょう。 写真を撮る被写体がないと思った時は、きっと何か見落としているはずです。人間は大きな被写体に惹かれがちですが、写真は小さな世界を写し表現することができるのです。 撮影中は、自分の足元に注目してみましょう。マクロレンズを使えば、小さな花や生物を撮ることができます。わざわざ遠出しなくても、被写体は身近にあるものと思ってください。 マクロの世界は楽しいものですよ。 今年の夏は何度も台風に見舞われて、大変でしたね。実はこの台風が過ぎ去った翌日は素晴らしい撮影日和だったことはご存知でしょうか? それもそのはず、大きな低気圧が過ぎ去ると、その次に待っているのは高気圧です。雲の切れ間から光が差し込み、雨上がりの空に虹がかかることもしばしば。台風がやってきたら、その翌日は撮影日和です。叱るべき日の撮影に備えて準備万端にしておきましょう。 写真を撮っていて陥りがちなこととして、横位置ばかりで撮影することが上げられます。というのも、横位置は撮りやすいですが「締まりのない写真」になりがちです。人物のような縦に長い被写体であるならば「縦位置で撮る」ことを意識してみましょう。 煩わしいものが写らず、かつ被写体を強調することができます。まずは同じ被写体を横一で撮ったら、もう一枚を縦位置で撮る癖をつけるようにしてみましょう。 写真の中で一番惜しいものが背景や四隅に余計なものが写ってしまっていることです。文字で飾るより、相手に伝わることが良いものとされている文章と同様です。 ランチの写真を撮影する場合、背景にどうでもよい食器が写っていませんか?食べ物の美味しさを伝えたいのなら、あくまでも基本は食品のみを撮影するべきです。シンプルイズベストですよ。

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる