趣味の習い事カメラ教室東京 写真撮影教室 根岸正次コーチへインタビュー

根岸正次コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

写真撮影教室

撮影しても、見た目のとおりに写ってないことってありますよね?

あの、感動を他人にも見せてあげたいと思っても、プリントしたら、色が薄い、影はまっくろ。
どうして思いどおりに写らないの?


理論から入る写真と、感覚的に撮影する写真があります。
どちらも、大切です。

ここでは、感覚を高め、自分のセンスを磨き、感覚的にシャッターを押せること。
また、その裏付けになる技術を学び、テクニックを磨くこと。
両面から、一緒に学んでいこうと考えています。

そうすることで、見た目そのままを表現することだけではなく、さらに上の、自分が表現したいように、写真を自由に操ることまで出来るようにしたいと考えています。

Q2写真初心者へメッセージをお願いします!

写真撮影教室

絵画は、真っ白なキャンバスに作り上げていく、いわばプラスの芸術です。

これに対し写真は、たくさん見える世界から自分のセンスで四角に切り抜く、
いわばマイナスの芸術です。

画面を良くするかどうかは、その切り抜き方にポイントがあります。

まず、みなさんは、画面構成のやり方を覚えましょう。
幸い、最近のカメラはとりあえずきれいに撮れますから、まず、画面を作りシャッターを押すことから始めましょう。

最終的には、マニュアルな露出を理解して、ちょっと特殊な表現ができれば最高だと思います。

Q3写真上級者へメッセージをお願いします!

写真撮影教室

プロとアマチュアの差は画面構成よりも露出にあります。

ただ、きれいに撮影するだけでしたら、カメラ任せの露出で良いでしょう。
しかし、私たちプロはクライアントの意図するものを、いかに創り上げるかです。
フィルム時代の経験者は、ネガで撮影していてはいくらマニュアルで撮影しても、自分が思うような作品に仕上がってこなかったと思います。
ポジで撮影して初めて自分のマニュアル露出が見えてきます。
但し,わずか3分の1の絞りの違いで色が違ってくる難しい世界です。

デジタルの露出は、実は、このポジの露出に近いのです。

ですから、マニュアルの露出をいかに克服するかが、
今後のあなたの写真のレベルアップにつながります。

けっして、面倒なことではありません。
頑張って、良い作品を残しましょう。

カメラ教室 無料体験レッスン

写真初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
根岸正次 先生
担当:根岸正次 先生

ページ先頭へ

カメラ教室を選ぶ

カメラ教室のご案内

レッスン情報

スクール開校日時

月曜: 10:00〜22:00
火曜: 10:00〜22:00
水曜: 10:00〜22:00
木曜: 10:00〜22:00
金曜: 10:00〜22:00
土曜: 10:00〜22:00
日曜: 10:00〜22:00

twitter

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる