趣味の習い事カメラ教室京都 京都カメラ教室 末光誠コーチへインタビュー

末光誠コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

京都カメラ教室

「撮りたい!」と思ったその時の気持ちを写真表現するのは、簡単なようで意外に難しいです。

その「撮りたい!」には、「綺麗に残したい」や「リアルに描写したい」等の思いが付随しているからです。

今のデジタルカメラなら、被写体にレンズを向けシャッターを押せば簡単に写真が撮れてしまいます。

だけど撮った写真をカメラのモニターで何度か観て、イマイチな出来栄えだなぁ(T_T)と、いつの間にか削除する事も多々あるのではないでしょうか?

その中には二度と無い瞬間もあるはずですから勿体無い事ですよね(T_T)
ちゃんと撮れる技術があればずっと残しておける瞬間なのですから。

「撮りたい!」と心動かされた目の前の光景の「綺麗に残したい」や「リアルに描写したい」感動を、そのまま、あるいは想いを更に昇華させた写真が撮れるようになって戴きたいと思っています。

私のレッスンで学んだ事を生かして、最高の一枚を撮り重ね、それが何百枚も何千枚もになる程に写真を楽しんで貰えたら嬉しいです。

Q2写真初心者へメッセージをお願いします!

京都カメラ教室

私が初めてフィルム一眼レフを手にしたのは高校生の時。

そのカメラボディとレンズは高級品では無かったけど宝物でした!
フィルムが高くて買えなくても、操作と写真の理屈がイマイチ分からなくても、ファインダーを覗き、ピントを合わせ、シャターを切ってはワクワクを楽しんだものです。

そんな頃には想像もしなかったデジタル時代が到来し、カメラは身近になり簡単に撮影できるようになりました。

しかし電子化が進みカメラが複雑になったのも事実です。
それが原因でなかなか写真趣味への一歩を踏み出せない。
カメラを持っていても触った事の無いボタンや、気付かないまま使わない機能があったりすると思います。

まずは使ったことの無いボタンや撮影機能をなるべく少なくしていくと良いと思います。
それよって自分の撮影に必要な機能は何か?が発見できます。

撮影の度に一期一会の出会いに幸せを感じて欲しいのは勿論ですが、カメラやレンズに触れる楽しさも感じて行くことで、撮影技術も上がっていくはずです♪

宝物のカメラで写真の魅力を沢山発見し、沢山ワクワクしてください♪







Q3写真上級者へメッセージをお願いします!

京都カメラ教室

今、私のページにアクセスしてくださった方々には、独学で撮っておられる方や、過去にフィルム写真の経験はあってもデジタルはいまいち難しく感じるとお考えの方々も、多いのではないかと思います。

知識を備えていても実際に撮ってみると、その知識のどれを使う場面なのか?躊躇する事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は写真について独学でやってきた分、長い年月と、そしてフィルム時代から通算すれば費用も相当に使っています。
ゆえに現在のスキルを身につける為に随分と遠回りをしました。

昨今のように「安価で学べる写真教室」があれば、それらの遠回りは避けられたと思うことしきりです。

仕事で場数を踏めば踏むほど、その現場で求められる技術・知識に特化されて行きますから、私の撮影技術・写真知識が全てではありませんし、むしろほんの極一部の物でしか無いと思っています・・・が、

私のように「遠回りをする事の時間とコストの無駄」を感じておられる方や、また「自身の技術・知識を再確認したい」とお考えの経験者の方々にも「再発見」の気持ちで、レッスンへ御参加くださればと思います。

カメラ教室 無料体験レッスン

写真初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
末光誠 先生
担当:末光誠 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる