趣味の習い事カメラ教室神奈川 実践花の写真教室 川上等コーチへインタビュー

川上等コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

実践花の写真教室

マンツーマンでしか出来ない事。それはコーチと生徒が同じ機材で撮らなければ、本当の評価は難しい!
使いやすいカメラがあると同じカメラをもう1台サブ機で買います。1台お貸ししますから、手ぶらで参加で良いです。同じカメラで同じレンズで撮りましょう。

Q2写真初心者へメッセージをお願いします!

実践花の写真教室

カメラのシャターを押せば写るんです。
指にシャター豆が出来るか、カメラが壊れる頃には
あなたは、いっぱしのカメラマンです。
とにかく、数多く撮る事です。
昔から、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」
その中から気に入った写真を一枚ずつ、
増やすように心がけるのです。
失敗を恐れず、失敗を無駄にしない事です。
「失敗は、成功のもと」と言うではありませんか。
失敗の中に、新たなる可能性を秘めている事を、
忘れてはいけません。
カメラは、機械だからいずれ手に馴染んで
使いこなせるようになります。
しかし、
異性に、風景に、動物に、花に、何にでも
感動する心をいつまでも持っていて欲しいと思います。
博愛主義者になれとは言いません。
でも、感動もしないで撮られた写真を見ても、
人に感動は伝わってきません。
感動の一歩は、「ときめき」だと思うのです。
「小さなときめき」を大切にする事だと思います。
いつも「ときめく心」をもち続けて欲しいです。
見るもの全て、「ときめいて」
写真が、もっともっと楽しくなります。

Q3写真上級者へメッセージをお願いします!

実践花の写真教室

誰にでも、スランプは訪れるものだと思います。
スランプが続いて、ブランクが空いてしまうことがあります。
とにかく、初心に帰ることです。
初めてカメラを触った時の頃、何の写真が撮りたくて始めた、
とか、心のフィルムカウンターを、一度0にリセットしてみてはどうでしょうか。
また、撮影のテーマを暫く、違ったものにしてみてはいかがでしょうか。
機材を換えてみてはいかがでしょうか。
この機材で撮らなければならないということは無いでしょう
高い機材が、必ず良く写るとは限りません。

やはり、悩み事は人に話すのが、一番気が楽になると思います。
分らないことは、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」
と言うではありませんか、聞かぬ内に、今の「一瞬」は
過去になって逃げ去ってしまいますよ。
カメラは、「一瞬を切取る道具」です。
悩んでないで、撮り続けるのです。
自ずと、道は開けるものです。

カメラ教室 無料体験レッスン

写真初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
川上等 先生
担当:川上等 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる