サイタ趣味の習い事カメラ教室愛知 いっしょに楽しむ写真教室 レッスンノート

いっしょに楽しむ写真教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

野外での撮影実習
今回は水族館での撮影実習を行いました。 水族館はフラッシュ撮影が禁止されており、また館内は暗いため ブレてしまう可能性がおこります。 絞りは開放でISOはオートもしくは高感度がおすすめです...
野外での撮影実習
今回のレッスンは野外で実際に撮影しながらのレッスンとなりました。 一眼レフならではの被写体にピントがあっていながら、後ろがボケるという写真は 望遠レンズをつかうことによって、距離感が出る...
順光・逆光・斜光での撮影の違い
前回レッスンの際に宿題でお願いをしました 順光・逆光・斜光での撮影してきていただいた作品を拝見しました。 順光で撮影するとどうしても、のっぺりとした印象ですが 斜光、逆光にすることによ...
野外撮影レッスン(アジサイ)
前回に続き今回も野外での撮影レッスンを行いました。 マクロレンズをご購入されたとのことで、今の季節の花である アジサイを主に撮影してみました。 マクロレンズで撮影する際どうしてもより気味の...
動く被写体を撮影する際にはサーボAFがおすすめ
前回のレッスンから今回までに撮影された水中写真を拝見しました。 水中のためハウジングを使用し、ストロボを使われたのですが なかなかストロボの設定が難しく思った色が出てないとのことでした。 ...
Aモード(絞り優先モード)と露出補正を使用し写真を楽しむ
ミラーレス一眼レフカメラをご購入されて スポーツ写真を撮影されたいというご希望をお持ちなので まずは一眼レフカメラの醍醐味である絞り優先モード(Aモード)で ボケをコントロールして写真を楽...
野外撮影レッスン
撮りたい被写体が逆光でしか無いとき、被写体の形に特徴があれば シルエットで表現することも楽しいと思います。 マクロレンズを使うことによって被写体に近づきカメラとマクロレンズでしか撮れない...
野外での撮影実習
今回は野外で実際に撮影に出てレッスンを行いました。 AIフォーカスをする際、親指フォーカスをすることによって シャッターボタンを押す際、測光のみでピントがずれてしまうことを防げます。 ...
Aモード(絞り優先モード)と露出補正を使用し写真を楽しむ
前回のレッスンでAモード(絞り優先モード)を使い ボケや絞り込んだ時の写真の違いを使った写真をお持ちいただきました。 ボケの綺麗なマクロレンズをお持ちなので、マクロレンズの特性を生かし ...
カメラ操作や写真を拝見しました。
一眼フレを購入されご自分でも勉強されていたので 素敵なお写真を撮られていて、そのお写真を拝見しながらお話させていただきました。 ただわからないままお使いの部分もあったので機能をお持ちのカメラ...

いっしょに楽しむ写真教室のレッスンノート ・・・計14件

いっしょに楽しむ写真教室 ページ先頭へ