趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 本日はおつかれさまでした。絞り...

本日はおつかれさまでした。絞り...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はおつかれさまでした。
絞りとISO、ストロボ光の調節の関係についてレッスンしました。

Mモードでシャッター速度を固定にした場合、被写界深度を大きく撮るために絞り値を大きくすると画像は暗くなります。
その分、ISO感度を上げてやると、明るく写るようになり、効果が相殺されて、普通の明るさの画像になります。
ノイズが増えるので、ISO感度はむやみには上げたくないところですから、このバランスを考えて絞り値とISOを決めるといいでしょう。

これに加えてストロボ光との関係を理解しておくと、絞り値を変えても同じ明るさを得るためにISOやストロボ光をどうすればよいかがわかります。

撮影した画像については、ヒストグラムで全体的な明るさのバランスをみるといいでしょう。
山が左右の両端についていると、コントラストが良く、見栄えのする画像になります。



このレッスンノートを書いたコーチ

コンサル会社の社内カメラマン。新人向け研修でカメラ指導も

レッスンノート ページ先頭へ