趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 昨日はお疲れ様でした。商品...

昨日はお疲れ様でした。商品...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はお疲れ様でした。

商品を全体的にピントを合わせて撮影する手順を説明しました。
簡単におさらいすると次のとおりです。

・マニュアルモードで絞り値を32まで大きくする。
 (もし十分なピントが得られたなら、順に絞り値を小さくして撮影して、どの絞り値が
  最適か確認してください。絞り値を32まで大きくするとピント以外の要因で、画面
  が少しぼんやりしますから、できれば絞り値は小さいほうがいいです。)

・撮影された画像が暗いようなら、ストロボの発光量を上げる。またはISO感度を上げる。

・オートフォーカスを中央一点にする。

商品撮影ではライティングがとても重要です。直接光を当てるのは避けたほうがいいでしょう。また商品への周囲の映りこみに注意してください。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンサル会社の社内カメラマン。新人向け研修でカメラ指導も

レッスンノート ページ先頭へ