サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 レッスンノート デジタル概論~ホワイトバランス

デジタル概論~ホワイトバランス

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。寒い一日でしたね!
今回のレッスンは、買い換えられたミラーレス一眼(画質の良いカメラです、この機種にされたのは正解)の基本設定と、デジタルについてのお話をしました。

Ⅰ.デジタル処理について・・・・・
あらゆる分野でデジタル化が進んでいて、とりわけ写真界は、フィルムに光を当てて撮影するアナログ方式のカメラから、デジタルカメラへと大転換しましたね。
デジタル処理とはどういうことなのか簡単にお話をしました。すべての現象を数値に置き換えて記録しておいて、その数値を読み出すことによってその現象を再現するという、理屈としては簡単なことですが技術的には凄いことをしてるんですね!
また、イメージセンサーには縦横に整然と、画素の数だけの素子が埋め込んであるんですが、これもまた凄い技術です(例えば縦に4000個・横に6000個で約2400万画素!・・・笑)こんなことが当たり前のような時代なんです!
数字に置き換えて保存しておくことによって、経年劣化やクオリティーを落とさずにコピー出来たりレタッチしたり・・・と、いいこと尽くめかも知れませんね。
この知識はパソコンでの画像処理や整理保管の段階できっと役に立ちますよ。

Ⅱ.ホワイトバランスについて・・・・・
私たちが撮影しようとする被写体は何らかの光で照らされている訳ですが、その光源の種類によって色の偏り(色カブリといいます)があり、K値が低ければ赤っぽく、高ければ青っぽく写ります。その色カブリを正しい色に補正することを「ホワイトバランス」といいます。白を白に撮影する・・・と考えたらいいですね。
光の三原色(赤・緑・青)を均等に足すと白になりますので、白が白に撮れれば他の色も正しいハズです(笑)
当面の間は【オート】に設定しておいて良いと思いますが、どうしても色が気になる場合や正しい色で撮影する必要がある場合は【白熱灯・蛍光灯・日陰・K値・・など】のモードを使ってみて下さい。ただし、その撮影が終わったらオートに戻すことをお忘れなく!忘れるとその後の写真の色が・・・・(汗)

写真はカメラという道具を使って撮る訳ですから、デジタルカメラという道具についての若干の知識と、「露出(明るさ)・ピントとボケ・構図」という写真の三要素について資料に添ってお話をしていきたいと思います。ホンの少し理屈っぽい内容もありますが、判ってしまえば簡単なことなのでお付き合い下さい(笑)
新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした!急に寒くなりましたがこれで平年並みか(笑) 今日のレッスンは、これまでの撮影レッスン「中の島の秋バラ・三色彩道の紅葉」を拝見し「このままで十分良い写真と多少のレタッチを施せばいい写真になるもの」を選別しました。全体のショット数から考えても良い歩留まりになりましたね(笑...

レッスンお疲れ様でした!眼の怪我もかなり良くなられ、職場復帰も叶って良かったですね。眼ですからカメラマンにとって辛かったと思いますが希望が見えました(笑) 今回のレッスンは、私のパソコン操作ミスで(謝)残っていた桜の写真を再整理し、レタッチの必要なものはフォトショップを使って適宜レタッチ...

レッスンお疲れ様でした!雨でしたねー(笑) 今回から本格的に写真やカメラの理屈をお話しますが、取り敢えず今日は新しいカメラの基本設定についてメニュー項目毎にご説明しながら、幾つかの項目の設定を変更しておきましたので、使い易くなっていると思いますが次回レッスンまではPモードで撮ってください...

レッスンお疲れ様でした!小雨模様の一日でしたが何とか撮影だけは・・(笑) 今日のレッスンは座学でお話したことの確認(実験)的な撮影をやりました。おさらいです! Ⅰ.被写界深度の体感 お持ちになったズームレンズの40㎜~150㎜を使って絞りを変えながら撮影してみました。F値・距離・焦点...

レッスンお疲れ様でした!カウンター席しか空いてなくてスミマセンでした。 今回から数回に分けてカメラや写真の基本理論をお話します。既にお仕事で写真は撮っておられますし、凡そのことは感覚的にご存知のようですが、復習も兼ねて「理屈として判っていれば、色んなケースに対応できる」を合言葉に勉強していき...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta