趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンの受講ありがとうございました。
お仕事に活用する素材撮影との事で、今後の展開がとても楽しみですね。
目指しておられるところが「プロの写真家に依頼するレベルを自分で撮る」事ですから、沢山の知識と技術を身に付けていただきたいと思います。
もう一つの要素である表現力は既に十分以上にお持ちと思われますし、先ずは「カメラの基本操作」を最初に覚えて、「ライティング」は徐々に進めていくのが好いです。
体験レッスンでは「写真の明るさ調整」を学んでいただきました。
全ての撮影の基本になる操作ですので頑張って習得してください。
お持ちのカメラは二つのダイヤルを備えておりとても扱いやすいカメラです。
撮影現場に合わせた初期設定をした後は、殆どの場合でダイヤル操作だけで「写真の明るさ(露出)」の決定ができるので、露出の考え方を理解し操作に馴染んでしまえば簡単に撮影が進んでいく筈です。
先ずはカメラが示す基準の明るさ(露出)で撮り、その結果に対して御自身の表現意図を反映させる手順で撮れば、明るさ(露出)の不満は無くなると思います。
最初に撮った基準の写真に明るさを「足す、引く」をする操作を反復練習してください。、
このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

京都カメラ教室
末光誠 (カメラ)

堅田・三条・河原町/四条・出町柳・茶山・一乗寺・八幡前・国際会館

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta