趣味の習い事カメラ教室レッスンノート レッスンというよりは打ち合せ?

レッスンというよりは打ち合せ?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

このレッスンノートは各回毎に内容を振り返ることができるようにコーチが記録するノートようなものだと考えてください。

では早速簡単にふりかえります。

写真を見せてもらいながらどこに気に入らないところがあるのかといった具合で考えておりましたが、そこにはきれいなお写真が並んでいました。

ご本人は基本的なところからと言われていましたので、いつものように初心者レベルを想像していましたが今回は違ったようです。

おそらくこちらが基本的なところの内容でレッスンを進めて行ってもきっと満足していただけないでしょう。
何かテーマを決めて実際に撮影をするという時間の中で理想の写真に近づけていくのが為になるのではないかと思いました。
ワンランク上を目指して大きくステップアップを望めるものがあるとするならば撮影後のレタッチでしょう。
まだフォトショップやライトルームを使われていないということでしたのでここはテコ入れするべきポイントだと思います。

次に伸びしろがあるのはライティングかもしれませんね。
ここは実際に機材を扱いながら撮りながらということしかないでしょう。
商品を撮影しながらライティングの方法から機材まで少しずつ学んでいけたら写真の幅が広がるでしょうし光の考え方も備わり普段のスナップなどにもいい影響が期待できるかもしれません。

そんな感じで今回体験レッスンというよりはこちらがどうお役にたてるかを模索するような時間になりました。
言葉のやり取りだけではワンランク上まで難しい感じがしますので、またの機会がありましたら次は実際にカメラとライトと手を動かしながら実践的に進めていけたらと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

福岡・東京で個展を多数開催。美術館で初心者向け写真講座の講師も

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta