趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 実践撮影しながらの、絞り優先撮り方確認

実践撮影しながらの、絞り優先撮り方確認

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!
お寺さんへ出かけて、実際に撮りながら、絞り優先オートでの撮り方を一緒に確認しましたね。

絞りは、被写界深度を変えるものです。
開ければ、深度は浅くなり、背景がボケてきます。
絞れば、深度は深くなり、背景から手前まで、ピントがしっかり合うようになります。
数値が小さい方が開いている、数値が大きい方が絞っている、と認識してください。
絞り優先オートで絞り値を変えても、オートなので明るさは変わりません。カメラが明るさを調整してくれています。明るさを変えたい時は、画面右ダイヤル下の+-ボタンを押して、ダイヤルを回して変える事ができます。

感度の設定が、25600になってしまっていて、明るすぎるしザラザラした写真になってしまっていましたね。感度設定は、慣れるまではオートにしておきましょう。

次回までに、もう少し、絞りを変えてとる練習をしてみてくださいね!
レンズのズームも、活用してみてください。

慣れてきたら、次はシャッタースピードをコントロールして撮るのをやってみましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta