趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 写真のイメージとデジタルカメラ

写真のイメージとデジタルカメラ

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

写真の楽しみ方は人それぞれ、様々ですね。
カメラやレンズのメカが好きな方もいれば、
写真を撮るという行為を楽しんでいる人もいらっしゃいます。

表現作品としての写真を追求している人もいれば、
私たちのように、職業として撮影をしている人間もおります。

世の中には千差万別の写真が溢れており、
人々は写真に囲まれて生きていると言っても
過言ではないでしょう。

それほど身近なものであるが為に、写真はかえって顧みられる事が少ないメディアかもしれません。

人はイメージを受容する時に、主に快感原則に従っていると思われます。
気持が良い、美しい可愛い、美味しそう、
強そう、など、
どちらかといえば、プラスの価値のあるイメージよしとしているように思います。

ところが写真の優れたところはそのような受け手側にある予定調和を超えて、
写しとられ記録された被写体や情景の
ニュートラルな諸相を保持しているところにあります。

言葉をかえれば、撮影者と受け手の思惑に関係無く、写ってしまった事柄があるという事です。

これが写真の大きな魅力であり、他の表現行為とはいささか違う点でしょう。

そう考えると、仕事であろうが、趣味であろうが、写真を撮るという事は本質的には同じ事であると言えます。

ぜひ奥深い写真の世界にはいって、
たくさんの写真を撮ってみてください。
技術は必要に応じて後からついてきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta