趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 露出補正を使いましょう

露出補正を使いましょう

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

ポイントをまとめておきましょう。
Pモードでの撮影は、カメラのガイドにも表示されるように、
「絞り値」と「シャッタースピード」の組み合わせをカメラが決めてくれます。
カメラは明るさの計測をしますが、被写体の明るさは色によって、仕上がりの調子が思ったようにいかない場合があります。これを「撮影者の意思で」「補正する」機能が「露出補正」です。

ご持参いただいたカメラでは、どの写真も明るすぎる仕上がりになっていましたが、これは
この「露出補正」機能がオンになってプラスに設定されていたためですね。

さて、カメラは壊れていない限り、ある意味では間違いを起こしません。
設定された条件にとても正直に撮影してくれます。
言い方を変えれば、人間の目がかなり融通を利かせて、また脳内で自分に都合の良いように処理して
相手を見ているのに対して、
カメラは、設定した値の通りにしか、物を見ません(撮影しません)。
その設定のブレ幅が、仕上がりの違いになります。

明るさが違うなら、その理由があります。
色が違うなら、その訳がります。

今回は明るさの問題でした。一つの原因は、操作ミスです。

もう一つの問題は、写したい被写体が白っぽい物か(明るいか)、黒っぽい物か(暗いか)、
それが混ざったものか、によって、同じ条件下でもカメラの判断に差が出ることに起因します。
ご説明したように愛犬の撮影でそれが起こっていたようですね。

問題はちょっとややこしいですが、幸いデジタル写真はすぐに結果を見ることができますので、
再生してみて明るすぎれば暗く、暗すぎれば明るくする調整を「露出補正」機能を使って行ってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta