趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ライティング(ストロボ含む)&レタッチについて

ライティング(ストロボ含む)&レタッチについて

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れさまでした。

今日はロケの予定でしたが雨天のため屋内レッスンとなりました。
ストロボの使用に関してのレクチャーの前に、ライティングのお話しから始めました。
一つの物を撮影するにも、光の角度、光量、またバウンスなどにより、
写り方は激変します。屋外で太陽光撮影する場合はとの大きな違いは、
自分の意思で‘‘光をつくる”という事です。
人物であれ、物であれ光をあてる強さ、方向を良く観察し、
銀、白、グレー、黒などのレフ板、また鏡など使用し多々実験してみてください。

また、フォトショップのさわりもレクチャーしました。
ある程度の失敗は修正できますが、基本は薄化粧と認識してください。
撮影時に限りなく完成度をあげてからの作業と把握されていた方が、
写真撮影は当然上達します。出来るだけカメラで完成する事をこころがけてください。

次回ロケは、ストロボも含め今までのレッスンを実践しましょう。
では、次回もよろしくどうぞ。
このレッスンノートを書いたコーチ

広告代理店の元アートディレクター。デザイナーならではの視点で充実の指導

基本から応用へ〜鎌倉写真美術工房
岩本忠家 (カメラ)

大船・藤沢・鎌倉・逗子・柳小路・江ノ島・腰越・湘南深沢・西鎌倉

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta