趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 露出の基本

露出の基本

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

一眼レフカメラを購入したが使いこなせていないとのことで、今日はまず今までどんな感じに撮っていたか、お聞きするところからはじめさせていただきました。
ガイド本もお持ちで、なんとなくカメラのメニュー画面なども触ってみておられたので、操作に関して理解が早く、説明がしやすかったです。

写真を撮るのに、カメラがオートでやってくれていることは、露出(明るさ)を決めることと、フォーカス(ピント)です。
シーンを選ぶモードでは、被写体に合わせてカメラが露出を決めてくれますが、露出とは、どのようなものでしょうか?
それは、絞り、シャッタースピード、ISO感度という三つのことから成っています。

絞り→被写界深度(ボケ味)
シャッタースピード→動き(ブレ)
ISO感度→粒子感(ザラザラ具合)
という、それぞれは効果を持っていて、被写体にあわせて、その効果が最適になるように、カメラは露出を決めてくれています。

オートの中でも、シーンモードではなく、絞り優先モードにすると、写真の印象に大きく関わる絞り値を自分の好きに決めて、シャッタースピードとISO感度はカメラ任せ、という事ができます。明るさ調整(プラスマイナス補正)も設定できるので、より自分のイメージした写真が撮れることでしょう!

絞り、シャッター、感度の関係は、身につくまでなかなか難しいですが、まずは絞り優先オートで、練習をしてみましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta