趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、
今までお撮りになった作品を見せていただきながら、いろいろお話しさせていただきました。


正直な感想として、

どの作品もとても素晴らしく、
ご自身の世界観に満ちたとても感動的な作品ばかりであったと思いました。

まだまだカメラの使い方がわからない初心者であっても、
撮影に自信がなくても、

作品創りの写真は、結果よければ全て良しだと思います。

自分の表現したいことが、
自分のスタイルで、自分の想い通りに、
写真という結果に表現されていれば良いのです。

極論すれば、
カメラの使い方もレンズのことも、何もわかっていなくても、
感じるままにシャッターを押して、
その写真が自分の納得いくもので、
さらには、誰かに感動を与えられたら、それが最高の写真作品になるのです。

どう切り取ろうと、加工しようと、
どんな撮り方であろうと、知識がなかろうと、

結果を生み出せるということが、
感動を生み出せるということが、

最高の作品創りなのです。


自称写真好きやカメラマニアの方々の誰に、
撮り方やレンズ選択など何をあーだこーだ言われても、
その世界観を理解できない人に何を言われようとも、

経験が少なくて、
カメラのことがよくわからなくて撮影に自信がなくても、

自分を信じて、
楽しく写真を撮影していってください。

それでも、
あの素晴らしい作品が生まれてしまうのです。(笑)

Instagramに掲載された作品に、
ハートをクリックしてくださるあれだけ多くの方々は、

あなたの撮影技術や経験値にクリックしているわけでなく、

あなたの生み出した作品の素晴らしさに感動して、
素直にハートをクリックしているのです。

それらの写真は、
自分だけの写真から、
そのクリックしてくださる方々との共有財産になるのです。

ですから、
反響に対して不安になって、勝手に消去してはいけませんよ。(笑)

自分自身を冷静客観に判断するのはなかなか難しいことですが、
それだけの素直な感動と評価を受けているわけです。

そんな写真や、
その可能性を秘めた写真を、
思いつきで消去するのはやめましょう。

デジタル写真は、
消去すると、この世から消えてしまうのです。

あなたの記憶の中にかすかに残る以外は。

それは、
まるでエゴによる環境破壊のようなものです。

美しい風景、美しい存在を残したいと思うのであれば、
生まれてきた写真たちを愛して、しっかり残してあげてください。

いつか誰かが、
その写真を見て、
心が温かくなる可能性を消すようなことをしてはいけません。


これからも想いのままに撮影して、
作品を残し続けてください。

そして、
さらにもっと多くの方々に感動を与える方法を、
これからいろいろと探っていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta