サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 レッスンノート レッスンお疲れでした。所用のためレ...

レッスンお疲れでした。所用のためレ...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れでした。所用のためレッスンノートの記入が深夜になってしまいました!
おさらいだけして置きましょうね。

被写界深度について・・・・・
写真を六つ切りサイズ(203㎜×254㎜)で見たときに、ピントを合わせた被写体を挟んで前後にもピントが合っている様に見える部分(奥行き方向です)が有り、その奥行きのことを被写界深度といいます。ピントを合わせた被写体を挟んで凡そですが、手前1対奥側2くらいの割合です。深度を外れた部分は、写真ではボケとして表現されますので、深度のコントロールはボケ味のコントロールと言い換えても良いでしょう。
【絞り値・カメラと被写体との距離・使うレンズの焦点距離(広角か望遠か)】・・・の三つの要素を微妙に組み合わせて希望の深度で撮影します。資料の作表の部分を参照してください。少し難しいテクニックですが、これ無くしてクリエイティブな写真は撮れませんし、マスターしたら写真のレベルは格段にアップします。

タイムラグ・・・・・
シャッターを押してから実際に写るまでの時間差をいいます。カメラがメカである以上、時間の遅れはゼロにはなりませんが、それよりも大きい時間の遅れは人間の反射能力です。目で見てシャッターボタンを押すまでの生理的?遅れがバカになりません。練習で若干よくはなりますがゼロで無い限りは、遅れる分だけ早めにシャッターをきるしかありません。タイムラグとは仲良く付き合いましょう。
お手隙の時にでも実際に撮影してみて下さいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

これまで7回個展を開催。ちょっとした上達のコツであなたを名カメラマンに

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。午前中はカフェが空いていて楽ですね。 テキストに添っての基本編座学の最終です。例によっておさらいをしておきましょう。 Ⅰ.タイムラグ・・・・シャッターを押してから実際に写るまでの時間差をいいます。カメラがメカである以上、時間の遅れはゼロにはなりませんが、それより...

体験レッスンお疲れ様でした。先に来ておられましたのでチョイとだけ恐縮しました。 また、レッスン終了後に早速お手続きをして頂きまして有難うございました。ヤル気満々ですね。 「新しくデジタル一眼レフを購入したので基礎から勉強したい」・・とのことでしたが、既にご自宅でミニスタジオ的な撮影もさ...

レッスンお疲れ様でした。久し振りに写真のお話が出来て楽しかった。 近々、ドイツ・ハンガリーなどへ旅行される予定で、今日はカメラの設定やレンズのお話がメインのレッスンでした。 お使いのレンズは12㎜-60㎜でF2.8の超優秀なレンズです。旅行中はこれ一本で大丈夫だと思います。ISO感度は...

レッスンお疲れ様でした。お約束のカフェが満席でしたが運良く近くのお店が空いていて助かりました(笑) 今回から数回に分けてカメラや写真の理屈理論を解説していきます。判りやすくお話しますが、疑問点や聞いておきたいことがあれば遠慮なく仰って下さいね。 早速、今日のおさらいです。 Ⅰ.デ...

レッスンお疲れ様でした。梅雨の合間の爽やかな日でしたね。 今回も理屈の話になりました(笑)軽くおさらいです! Ⅰ.露出について・・・・・ 写真を綺麗に撮るためには、カメラに一定量の光を取り込むことが必要で、これを適正露出といいます。適正露出を得るための機構として、レンズには「絞り」・...

レッスンノート ページ先頭へ