サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 ほのぼの写真塾 レッスンノート ほのぼの写真塾の村松です。レッ...

ほのぼの写真塾の村松です。レッ...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ほのぼの写真塾の村松です。
レッスンお疲れ様でした。
富士の夕景の写真ですが、オレンジ色が見た時より色が薄れ白っぽくなってしまっていましたね。これはホワイトバランスをAUTO設定のままで撮影したことによる結果です。
ホワイトバランスのAUTOとは、撮影された結果を日中晴れている日の屋外の明るさおよびその光の雰囲気の中で見た色合いに補正しきれいに見せる機能です。
ということは、夕日や朝日の当たっている時間帯の赤味、オレンジ色を写そうと思っても、カメラの中で昼間の状況と同じ色調になるように補正してしまうため赤色やオレンジ色が取り除かれ昼間の色(白っぽい色、透明な色調)に修正されてしまうことによります。
したがって風景写真を撮る場合は、AUTOのように常に晴天の日中のように撮影されることの無いように、その時その時の状況(曇りなら曇っている状況、夕景なら夕景の状況等)が写るように、ホワイトバランスは、太陽光(もしくは晴天)にする必要があります。
そのほか今日は、画面構成のバランスのレクチャーをしました。
今日のレッスンを思い出しながら、撮影してみてください。
新着レッスンノート

ほのぼの写真塾の村松です。 レッスンお疲れ様でした。 今日は私の撮影した写真を見ながら、構図及びフレーミングの仕方、メインの被写体を引き立たせるための構図の取り方、背景処理(ぼかすかピントを合わせるか等)、背景の配置等々についてレクチャーしました。 ぜひ作画の仕方を体得してください。

ほのぼの写真塾の村松です。 レッスンお疲れ様でした。 今日は、撮影してきた写真を見せていただきフレーミングと構図を中心に、レクチャーさせていただきました。 理屈を理解しているつもりでも、具体的な撮影になるとなかなかうまくいかないものだということがお分かりになったと思います。 今日は、ご...

ほのぼの写真塾の村松です。 レッスンお疲れ様でした。 撮影実習した結果を見せていただき絞りの効果の体得状況を確認。 理屈としては理解しているようなので、撮影場面の状況に応じて、作画意図を考えながら絞りの操作を行い効果を体得してください。理屈を覚えたら後は、理屈を踏まえて経験し体得すること...

ほのぼの写真塾の村松です。 体験レッスンお疲れ様でした。 今日は体験ということで、デジカメの機能で重要な項目の一つであるホワイトバランスについてレクチャーさせていただき、実際にカメラを操作しホワイトバランスの効果を体験していただきました。 カメラを購入したままですとホワイトバランスはオー...

ほのぼの写真塾の村松です。 今日は、撮影された写真を見せていただき、流し撮りのお話をさせていただきました。動きのある被写体を高速シャッターで止めて写すのではなく、逆に1/15とか1/30秒のスローシャッターで流し撮りすることにより、背景がぶれた写真になりスピード感の感じられる写真となる。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta