趣味の習い事カメラ教室レッスンノート S(シャッタースピード優先)モードと望遠ズームレンズ使用でのレッスン

S(シャッタースピード優先)モードと望遠ズームレンズ使用でのレッスン

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

天気は良かったのですが、ちょっと肌寒く感じる中、
レッスンお疲れ様でした。

今日はS(シャッタースピード優先)モードと
望遠ズームレンズ使用でのレッスンでした。

初期設定は
シャッタースピード1/500
今日は天気がよかったのですが、日陰が多かったので
ISOは念のため400からスタート
晴天でしたが、太陽が雲に隠れると色味が変わるので
ホワイトバランスはオート
でスタートしました。

Sモードと、これまで練習したA(絞り優先)モードとの大きな違いは
『動きのある物を撮る』ということです。

『動きを止める』ためにはシャッタースピードを早く。
『動きを強調して、ふんわりした感じに撮る』ためには
シャッタースピードを遅くします。

シャッタースピードを変えると、カメラに入る光の量が変わり、
暗くなったり明るくなったりします。
その際には、露出「+/-」を調整して明るさ調整してください。

露出を変えると「絞り値」(F)が変化します。


動きがある物を撮るときには、望遠ズームが便利です。

基本は『置きピン』という方法で、予測する通過地点で
予めピントを合わせておきます。
被写体がそこに差し掛かる直前から、連写モードで撮影します。

ボタンを押してから実際にシャッターが切れるまで
わずかな差がありますから、直前からがオススメです。

また被写体を追うようにカメラを動かしても良いでしょう。

動いている物を撮影するのは、なかなか難しいので、
何度も練習してみるといいですよ。

動いている物の撮影に慣れてきたら、
動いている被写体に直接ピントを合わせる方法にチャレンジしましょう。


標準ズームと望遠ズームの違いは、大まかに
『広い範囲を撮る・複数の被写体を入れる』か
『限られた被写体を撮る・ボケを強調したい』かです。

望遠ズームを使うと『前ボケ』や『後ボケ』といった
効果を使うことができますし、
人物を撮るときに背景を綺麗にボケさせることができます。

ただし、被写体から結構な距離をとらないといけないので、
狭い空間での使用は難しいです。


今回のレッスンで行った中で、特に動く被写体は難しい課題です。
一番のネックとなるのは、『気持ちがあせってしまう』ことです。
撮影回数をこなして、「あせらないで撮れる」ように
気持ちを落ち着かせることができるように、
練習をかさねてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

選ばれる写真とは?編集プロダクション経験者が、一歩違う視点から教えます

sorairo写真教室
鈴木猫之 (カメラ)

池袋・上野・江古田・練馬・光が丘

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta