サイタ趣味の習い事カメラ教室大分 フォトクリのカメラ教室 スクールブログ なぜ「風景写真...

なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?

風景写真家の作例を見ると、多くの風景写真がF値、f8~11の設定で撮影されていることに気が付きます。

なぜでしょうか?

その理由は、f8~11がレンズの性能を最も引き出せる設定値(絞り値)だからです。

F値とカメラのレンズ性能との関係を理解すると、いま以上にレンズを上手く使うことができ、ワンランク上の作品を撮ることができるようになります。

F値はボケ具合だけでなくレンズ性能にも影響することを知っておきましょう。

F値(絞り)の仕組みをよくご理解していないかたには、次回にご説明させて頂くことにして、今回はレンズの性能への影響をご説明します。

レンズの性能は、F値を変えることで次の項目に変化が見られます。

解像度・コントラスト(写真の精細さ・画質)
収差(写真の歪み・精細さ)
周辺減光(写真の周辺部の明るさの低下)

前回のブログ「MTF曲線でレンズの性能を知ることができるのをご存じですか?」でもお分かりのように、一般的にはレンズの中心よりレンズの周辺の方がどうしても性能が落ちてしまいます。

F値を開放にすると、カメラに入る光はレンズのすべての面(レンズの周辺)を通ります。
一方で、F値を絞ると、カメラに入る光はレンズの中心部分だけを通ります。

つまり、F値を絞ることで、性能が最もよいレンズ中心部を通った光だけで写真を撮影することができます。
F値を変えることによって、レンズ性能を上げることができるということなのです。

同様にレンズの収差もF値を絞ることによって良くなることがわかります。
例えば、星などの光の点を写真に撮ったとき、点で写らず、放射状に流れたり、楕円になったりと、変な形で写ったりします。
特に写真の中心部より周辺部の方が歪みは目立ちますが、F値を絞るとと、点光源の歪の形が変化して、f8やf11では完全な点光源として写ります。

また、周辺減光というのは、写真の周辺部(主に四隅)で写真の明るさが暗くなることですが、同様にF値をf8やf11まで絞ると改善できます。
周辺減光はレンズの性能にもよりますが、それだけではなく、その他の要因(広角レンズの特性など)も絡んできますので、また、別の機会に詳しくご説明いたしましょう。

では、F値をさらに絞れば、もっと、良い写真が撮れるのではないか?

最初も問題に戻りますが、なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?

F値をf16以上に絞ると回折現象で解像度が逆に悪くなるのです。
つまり、F値は絞りすぎると逆効果になります。

回折現象とは、小さい穴を光が通るときに、光が波状に周囲に広がってボケてしまう物理現象です。
一般的にはF値がf16以上になると、回折現象が原因で写真の解像度が低下します。

その結果、f8-11が風景写真にとってベストな設定といえるのです。

ちなみに、大口径の広角~標準の単焦点レンズではf5.6~8がベストな設定のようです。

 

(2020年2月17日(月) 14:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アマの経験とプロの実績で、初心者からプロを目指す方まで、やさしくコーチ

新着記事

「なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?」でも、ご説明したように、風景写真をf8で撮影すると、晴天の場合、シャッター速度は1/250(ISO100)以上になりますので、手振れの心配はなく手持ち撮影でも十分ですね。 ここで、疑問?日中撮影でも三脚を使って風景写真を撮影してい...

風景写真家の作例を見ると、多くの風景写真がF値、f8~11の設定で撮影されていることに気が付きます。 なぜでしょうか? その理由は、f8~11がレンズの性能を最も引き出せる設定値(絞り値)だからです。 F値とカメラのレンズ性能との関係を理解すると、いま以上にレンズを上手く使う...

先日、写真教室のレッスンで生徒さんから、新製品のレンズについて、ご購入の相談がありました。 生徒さんのご使用の用途を考慮しながら、レンズ性能を確認しないと、適切にお応えすることができませんので、その時に、MTF曲線でレンズの性能を知ることができることをお話ししました。 MTF曲線(Mo...

今から2年前、詩劇「平和の申し子たちへ!」(なかにし礼・作 小野不二野・演出)の舞台撮影の写真及び映像の仕事の依頼を受けました。 その時に出会った、ミュージカル女優を目指していた15歳の「田中なずな」にとてつもない「オーラ」を感じて、仕事抜きで、写真集「NAZANA TANAKA」を作ってし...

先日、何気なく投稿したブログがなぜか異常に閲覧数が増え、困惑しました。 調べてみると、あるキーワードがきっかけであることが判明しました。 それは「櫻井翔、妻夫木聡、佐藤隆太」さんが、私がいつも撮影している撮影現場にアポなしで訪れたということを投稿に書き込んだことが閲覧数の増加に繋がった...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ